マスクとの相性も抜群!美容家が選ぶ「2021年下半期ベストコスメ」アイシャドウ編
(画像=『lovely』より引用)

2021年はその始まりから終わりまでマスク着用なしには外出できない1年でした。自ずとメイクの主役はアイメイクとなり、マスクとの相性がこれほど注目されたこともかつてないほどでした。

筆者ももちろん例外ではなく、よく使用する白の不織布マスクと相性のいいアイシャドウを好んで使用してきました。

今回は、この半年に発売されたアイシャドウの中から、筆者が実際に繰り返し使用した溺愛のベストアイシャドウをご紹介します。

絶賛も納得の美しさ!下半期夢中になった1本

マスクとの相性も抜群!美容家が選ぶ「2021年下半期ベストコスメ」アイシャドウ編
(画像=『lovely』より引用)

筆者がメイクアイテムを選ぶ時の基準は、モチの良さや仕上がりの美しさ、肌との相性はさることながら、すっぴんよりも3割増しで美しく見せることができるかどうかが重要です。

そのため今回のベストコスメもそのような基準で選びました。

フェミニンな印象に見せたいと思う時に必ず手を伸ばすのは、ローラ メルシエのキャビアスティック アイカラー(ローズグロウコレクション)#R4 BED OF ROSES(全6色/3300円)。

まぶたの上でスルスルとのびていくクリーミーな使用感で、ヨレにくくモチが良く仕上がりも美しい、まさにパーフェクト級の商品です。

元々キャビアスティック アイカラーはお気に入りでかなりの数を使用してきましたが、こちらのローズグロウコレクションの中でもフェミニンさが際立つ#R4にこの下半期夢中になりました。

こちらの商品は、2誌の美容雑誌でベストコスメ賞1位と2位を受賞したのも納得です。

締め色が最高!キリッとモードに見せたい時に

マスクとの相性も抜群!美容家が選ぶ「2021年下半期ベストコスメ」アイシャドウ編
(画像=『lovely』より引用)

筆者のメイクには毎回テーマがあり、会う相手や自分の役割などに応じてそれを変えています。

カッコよさとは無縁の自分をキリッとモードな人に見せたい時に手が伸びるのは、ヴィータのグロウフィット アイズ #05 グレージュネイビー(全5色/2750円)。

グレージュとネイビーを組み合わせたクールな印象のパレットです。上のハイライトをベースに中央のグレージュをアイホール全体にまとってからネイビーをアイライナーのように使うというメイクは定番です。

そのほか神秘的でほんのり色っぽい眼差しをつくるネイビーを別のグレーやブルーのアイシャドウに合わせることもよくしています。まぶたにフィットしてモチのいい粉質なので、パンダ目になりにくいのも嬉しいです。