京都市左京区にある「詩仙堂丈山寺」。秋の紅葉スポットとして有名なお寺ですが、ホームページの情報だけでは分からないところがありますよね。そこで、今回は徹底取材を行ってきました。観光や参拝前にチェックしてくださいね。

京都市左京区にある「詩仙堂丈山寺」へ取材に⾏ってきました。「ホームページの情報だけではよく分からない」「インターネット上の⼝コミや評判だけではよく分からない」という⽅は、ぜひ参考にしてください。

取材先の寺名:詩仙堂丈山寺(しせんどうじょうざんじ) 取材する方:副住職 石川裕之さん

どんなお寺ですか?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

詩仙堂丈山寺は京都市左京区にある曹洞宗の寺院です。江戸時代初期、文人の石川丈山が寛永18年(1641年)に隠居のために建てた山荘が始まりで、現在は福井県にある曹洞宗の大本山永平寺の末寺の寺院となっております。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

石川丈山は安土桃山時代から江戸時代初期にかけて活躍した武将・文人です。石川家は代々徳川家に仕え、丈山は家康公に対し忠誠心を持って勤めており、厚い信頼を寄せられていたと伝えられています。

1615年(慶長20年)、丈山が33歳で大坂夏の陣に参加した際、軍の命令に反し先陣を切って敵に攻め入った咎めを受けて蟄居を命じられます。それを機に武士を隠退しました。

隠退後は主に朱子学を極め、禅を学んだと伝えられ、59歳の時に草庵「凹凸窠」(おうとつか)を造営しました。90歳で没するまで悠々自適の生活を送り、漢詩や書、作庭に励んだと伝えられています。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

お寺の見どころを教えてください。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

詩仙堂は過度な派手さはなく全体的に質素な佇まいで、茅葺き屋根で作られた本堂や門など随所から「詫び・寂び」の世界観を感じていただけるかと思います。

入口の小さな門「小有洞」(しょうゆうどう)をくぐると、竹林に挟まれた木漏れ日の注ぐ石段があります。石段を登ったところには中門「老梅関」があり、そこをくぐると詩仙堂の建物があります。

書院正面には「唐様庭園」と呼ばれる中国の山水画をイメージした庭園が広がっており、座敷に座り、ゆっくりとした時間を過ごすことができます。

『Spicomi』より引用
『Spicomi』より引用
『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

春夏秋冬、いつお越しいただいても、季節の移り変わりを感じていただける場所です。とくに初夏のサツキの花が咲く頃、秋の紅葉の時期、冬の雪景色は必見ですよ。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

また、庭園は歩きながらの散策もでき、四季折々の草花や「僧都」(そうず)もご覧いただけます。「僧都」とは、詩仙堂が発祥の地と言われる通称「ししおどし」のことなんですよ。

現在は日本庭園の装飾としてポピュラーになった「ししおどし」(鹿脅し・猪脅し)ですが、読んで字のごとく、もともとは田畑を荒らす鹿や猪を追い払うための仕掛けでありました。庭園に取り入れたのは丈山が最初だったそうです。丈山は静寂な庭に心地良い音のアクセントを得られて好んでいたそうです。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

最近、SNSなどで人気のかわいらしいお地蔵様も庭園内におられ、拝観の方々の目を楽しませております。