お賽銭の金額で語呂合わせがいい意味は?縁起が良い金額、縁起が悪い金額について説明します。神社やお寺に参拝したときには語呂合わせの意味が良い金額で運気アップにつなげていきましょう。

お賽銭といえば「ご縁」を表す「5円玉」をイメージする人が多いでしょう。実際、お賽銭を入れる際の金額は、語呂合わせを大切にしています。

縁起が良いとされる金額と悪い金額があるため、知らずに縁起が悪いお賽銭をしている可能性も否めません。

こちらの記事では、お賽銭の語呂合わせの意味について触れるとともに、縁起が良いお賽銭と悪いお賽銭について解説します。

お賽銭とは?

その昔、お賽銭は現在のようなお金ではなく海や山の幸が供えられていました。中でも一般的だったのがお米です。健やかに暮らせることへの感謝や願いが叶ったことへの感謝を込めてお供えされます。

このように、お賽銭は願いを叶えるためのお願いではなく、叶ったことへの感謝をするのが本来の形です。神社でもお寺でもこうした意味は変わりません。お願い事がなくても、日頃の感謝を表現するといった意味で大切な行動といえるでしょう。

また、お賽銭は投げ入れることから、穢れを祓うといった意味もあります。お賽銭をするときは、金額に固執することなく、感謝の気持ちを込めて入れることが大切です。

お賽銭の語呂合わせで縁起が良い意味の金額

せっかくお参りに行くのなら、できるだけ語呂合わせで縁起の良い意味の金額を入れたいものです。また、自分が感謝したいことに対する意味に近い金額にすると、より縁起が良く感じるでしょう。

下記の表では、縁起のいい金額を一覧にしています。

金額 意味 補足説明
5円 ご縁 ご縁がつながる
11円 いい縁 良縁に恵まれる
20円 二重に縁 重ね重ね縁がつながる
25円 二重にご縁 重ねてご縁がつながる
41円 始終いい縁 常にいい縁に恵まれる
45円 始終ご縁 常にご縁がつながる
115円 いいご縁 良縁に恵まれる
486円 四方八方からご縁 あちこちからご縁が訪れる
2951円 福来い いいことがたくさん訪れる
7041円 なお良い 引き続きいいことがある
7830円 悩みゼロ 悩んでいたことが解決する
8996円 育む 愛情を育む
9674円 苦労なし 苦労することなく願いが叶う
1万円 円満 夫婦円満など人間関係が円満になる