社会人になるとスーツや制服に合わせてパンプスを履く機会が増えますよね。

ですが、パンプスって朝はゆるゆるなのに夕方になるにつれてパンパンになってきませんか。

帰る頃には足先どころかふくらはぎや太もももパンパンで重くて歩くのが辛い…という経験が女性なら一度はあるはず。

その日のうちに解消できればよいのですが、うまくケアができていないと翌日になっても足が重かったり、太ったような気にもなってしまいます。

メイクも髪型も完璧なのに足が大根のように太いと気分も上がりませんしショックですよね。

むくみは放置すると体にもよくないので速攻ケアと予防がとても重要になることを知っていましたか?

そこで、今回はむくみの原因や予防、対策方法まで徹底的にご紹介します。

パンプスで足がむくむ原因はこれ!

毎日パンプスで足がパンパン。むくみを予防する方法はあるの?
(画像= girlwork.tokyo/wp-content/uploads/2021/02/foot-1024x679.jpeg、『Lovely』より引用)

出典:Unsplash

むくみの原因はただパンプスを履いているからというだけではありません。

スニーカーやぺったんこの靴でもむくんでしまう可能性はあります。

そこで、なぜむくみが起きてしまうのかを解説します。

長時間同じ体勢で過ごす

デスクワークや立ち仕事など常に同じ姿勢で過ごさなくてはいけない仕事をしている人も多いのではないでしょうか。

同じ姿勢で居続けることで血の巡りや循環がスムーズにいかなくなってしまいます。

気づかずにそのまま1日を過ごしてしまうと足に水分や血液が留まってしまうため、帰る頃には足がパンパンになります。

血行が悪くなっている

会社や自宅で冷房をよく利用する人や、もともと冷え性で手足が冷たいという人は冷えが原因でむくんでいる可能性が非常に高いです。

むくみと冷えは関係ないように思うかもしれませんが、体が冷えてしまうことで血行が悪くなり本来体を循環しなければいけない血液や体液などがうまく流れなくなります。

そうすると、足や下半身に水分が留まってしまうのでむくみに変わってしまいます。

疲労が溜まっている

毎日の通勤や仕事、残業など忙しくて自分の時間がなかなか作れない、睡眠時間がしっかりと確保できないという人も多いはず。

姿勢や冷えをいくら対策しても疲労を解消できていなければむくみは起きてしまいます。

また、忙しいからと言って食事を適当に済ませたり、バランスの偏った食事を続けることで本来体に必要な栄養素が欠けてしまうので体調不良やむくみとして体に症状が出ます。