イヤリングは耳元を一気に華やかにしてくれる女子の必須アイテムです。
また、ピアスと違いピアスホールを開けなくても気軽にオシャレができるメリットもありますよね。
しかし、イヤリングは「長時間付けていると耳たぶが痛くなってくる」「イヤリングがすぐに落ちてしまう」などの悩みが付きものです。

今回は、そんなお悩みを持っている方のためにイヤリングの正しい付け方や落ちにくくするコツ、耳が痛い時の対処法を解説していきます。
ぜひ参考にしてみて下さいね。

【タイプ別】イヤリングの付け方

イヤリングの正しい付け方
(画像=JOERAより引用)

イヤリングと一口に言っても金具タイプは様々あります。
イヤリングの金具タイプはネジ式、ネジバネ式、クリップ式、マグネット式、ノンホールピアス、ピアリング、フープイヤリングなど。
それぞれの金具タイプ別に正しい付け方がありますので、ご紹介していきたいと思います。

ネジ式イヤリングの付け方

ネジ式イヤリングはその名の通り、耳たぶの厚さに合わせてネジを調整して装着するイヤリングです。
耳たぶが分厚い人も薄い人でも微調整ができるので簡単に装着できるメリットがあります。

ネジ式イヤリングの正しい付け方は、まずネジを回して耳たぶより大きく広げます。付けたい位置が決まったらネジを締めていきます。
下に引っ張ってみて落ちないか確認しましょう。
耳たぶが痛い場合は、ネジを少し緩めることをおすすめします。

ネジバネ式イヤリングの付け方

イヤリングの正しい付け方
(画像=JOERAより引用)

ネジバネ式イヤリングは、ネジとバネが合わさったイヤリングです。
バネで耳たぶを押さえつけることができるのでネジ式より固定され、さらにネジで調整することも可能です。

ネジバネ式イヤリングの正しい付け方は、まずバネを開き、ネジを緩めます。
付けたい位置が決まったら、耳たぶに挟みバネを閉じます。
次に、位置を調整し、ネジを締めていきます。
下に引っ張って落ちないか確認しましょう。
耳たぶが痛い場合は、ネジを少し緩めることをおすすめします。

クリップ式イヤリングの付け方

クリップ式イヤリングは、裏側がクリップになっており、パチンと装着することができます。
ネジのように調整はできませんが、見た目がスッキリとして見えるメリットがあります。

クリップ式イヤリングの付け方は、まずクリップを開きます。
付けたい位置に耳たぶを挟みクリップを閉じます。
閉じた後はしっかりとホールドされ、微調整ができないため位置をきちんと決めることが大切です。

マグネット式イヤリングの付け方

マグネット式イヤリングは、その名の通り磁石の力で耳たぶを挟むイヤリングです。
装飾の裏側に付いている磁石ともう一つの磁石で耳たぶを挟み込みます。

マグネット式イヤリングの付け方は、耳たぶの付けたい位置にイヤリングを合わせ裏側にもう一つの磁石を合わせます。

ノンホールピアスの付け方

イヤリングの正しい付け方
(画像=JOERAより引用)

ノンホールピアスとは、イヤリングの金具がなくそのまま耳たぶに挟み込むことで、ピアスを付けているかのような見た目になります。
穴を開けなくても付けられるので、ノンホールピアスと呼ばれるようになりました。
しかし、装着部分は固定されているためホールド力は弱く外れやすいデメリットがあります。

ノンホールピアスの付け方は、まず耳たぶを外側へ引っ張ります。
もう片方の手でノンホールピアスをキワから耳たぶへ差し込みます。
そのまま付けたい位置へスライドさせます。
下へ引っ張り落ちなければOKです。

ピアリングイヤリングの付け方

ピアリングとは、ピアスのようなイヤリングです。
挟んで押さえるだけの簡単な装着方法なので手軽に装着が可能です。
挟んだところでしっかりとフィットするので耳が痛くなりにくいメリットもあります。
耳たぶが厚い人や薄い人どんな耳でもフィットしてくれる特徴があります。

ピアリングの付け方は、まずピアリングを大きく開きます。
ピアリングを持つ反対側の手で耳たぶを横に引っ張ります。
ピアリングで耳たぶをしっかりと挟み込み強めに押さえて留めます。
下に引っ張って落ちないようならしっかり止まっている証拠です。

フープイヤリングの付け方

フープイヤリングは、その名の通りフープ状になったイヤリングです。
バネの部分をスライドさせて装着します。
装着すると留め具が目立たないためピアスを付けているかのような見た目になります。
ただし、他のイヤリングに比べるとホールド力は弱く、若干取れやすい傾向にあります。

フープイヤリングの付け方は、バネの部分をスライドさせ開きます。
耳たぶにイヤリングを挟み込み、耳に馴染むように軽く留め具を押さえたら完成です。