フローラルをベースに、樹木やスパイスの香りがアクセントになったウッディ香水は、大人っぽさと落ち着きを兼ね備えているのが特徴的。男女ともに付けられる、ユニセックスな香りでもあります。本記事ではウッディ香水の特徴や代表的な香料、上手な付け方やおすすめの組み合わせを紹介します。

大人の魅力を高めるウッディ香水の特徴

ウッディ香水は大人の魅力を高める香り。特徴や代表的な香料、上手な付け方を紹介
(画像=『Lovely』より引用)

ウッディ香水は、木々を感じさせるエキゾチックな香りが魅力です。まずは、ウッディとは何を指すのかを解説してから、ウッディ香水の特徴を紹介します。

ウッディとは香りの系統の一つ

香水の世界では、香りを系統別に分類しているのをご存知でしょうか。分類したグループは、ノートやファミリーと呼ばれています。例えば、レモンやオレンジなどの柑橘系はシトラスノート、ジャスミンやローズなど花の香りはフローラルノートに分類されます。

ウッディも香りの系統の一つ。主に樹木を原料とした、木々の香りがするグループをウッディノートと呼んでいます。

温かみのある樹木の香り

森林や樹木といった自然を想起させる香りは、お香のようにも感じられるかもしれません。スギやヒノキのような、エキゾチックでどこか親しみやすい香りとも言えます。

また、ウッディノートは蒸散性が低く、香りが長持ちしやすい傾向にあるため、香りの軸となるミドルノートや、残り香となるベースノートに使用されることが多いです。

ユニセックスなムードの香水

華やかさや女性らしさならフローラル系、爽やかさや清々しさならシトラス系といった具合に、香りにはそれぞれイメージがあります。ウッディ香水はクールさやセクシーさ、ミステリアスなムードを演出するのが得意。カジュアルやモード系のファッションにプラスすると、余裕のある大人らしさや、知的で自立した女性といった印象を与えてくれるでしょう。

また、ウッディ香水はユニセックスなムードも持っているため、パートナーと兼用で使うのもおすすめです。

ウッディ香水の代表的な香料3つ

ウッディ系の香料で代表的なものは3つあります。ここでは、代表的なウッディ系の香料の特徴や香りを紹介していきます。

1.サンダルウッド

ウッディ香水は大人の魅力を高める香り。特徴や代表的な香料、上手な付け方を紹介
(画像=『Lovely』より引用)

サンダルウッドは日本では白檀とも呼ばれ、古くから寺院などでの儀式で香木として使用されてきました。落ち着きの中にほのかに甘さが感じられ、大人っぽいムードを醸し出してくれる香りです。

2.シダーウッド

ウッディ香水は大人の魅力を高める香り。特徴や代表的な香料、上手な付け方を紹介
(画像=『Lovely』より引用)

スギやヒノキといった針葉樹のみを使用した香料はシダーウッドと呼ばれます。サンダルウッドに甘さがあるのに対して、シダーウッドはスパイシーさが引き立っているのが特徴的です。使用される木によっても香りが異なるので、原料による違いを比べてみると楽しいかもしれません。

3.ベチバー

ウッディ香水は大人の魅力を高める香り。特徴や代表的な香料、上手な付け方を紹介
(画像=『Lovely』より引用)

ベチバーは、イネ科の植物の根を使用した香料です。樹木ではなく根を原料としているため、ウッディな中に湿った土のような香りが感じられます。落ち着いていて、静かな印象を与えてくれるでしょう。