学校に通っているときは、毎日、同じクラスで友達が多いため、友達の作り方なんて考えたことがない人もいるでしょう。しかし、社会人になると仕事がきっかけで集まっているだけなので、必ずしも趣味や興味が一致するとは限りません。社会人でもできる友達の作り方を紹介します。

友達の作り方のコツとは?

クラス制度のない大学や仕事で知り合うことの多い社会人の間では、小学校の頃のようにカンタンに友達ができないと考えている人はいないでしょうか。
オムライスの作り方にコツがあるように、大人になってから友達を作る方法にもコツがあります。ここでは、大人になってからの友達の作り方で、不安を抱えているあなたに作る方法やコツを紹介していきます。

友達の作り方のコツ5選!社会人でも大丈夫
(画像=『Lovely』より引用)

1.大学で友達を作るコツ

大学は小学校や中学校と違って、専門性が高く勉強したい人だけが集まる場所です。勉強したくない人は就職して稼いでいます。
しかし、いくら専門科目が同じでも趣味志向が同じとは限りません。さらに、多少語弊があるかもしれませんが、よりマニアックでクセの強い人も多くいます。それが大学です。
大学生ともなれば、かなりしっかりとした思想ができあがっており、話していて反りが合わない人は卒業するまで合いません。
このような個性溢れる大学生活で、友達を作るコツはあるのでしょうか。
イベント別にコツを探っていきます。

友達の作り方のコツ5選!社会人でも大丈夫
(画像=『Lovely』より引用)

- カンタンな友達の作り方

まず、大学には入学式があります。大学にもよりますが、たいてい学部ごとにオリエンテーションが実施されます。
例えば、大学の授業の仕組みや講義の受講の仕方などです。大学は独自のカリキュラムに則って授業を行います。大学は憲法で保障された「学問の自由」を元に各大学で授業内容を決めます。
そのため、小学校や中学校ほど文部科学省の影響を受けません。必修の科目こそありますが、それ以外は選択科目でかなり自由に授業を組むことができます。
いわば、小学校の先生が組んでいた時間割を自分で作成することができるのです。大学である程度、決めてもらった方がいいという性格の学生もいれば、自由度が高くで満足している学生もいます。

友達の作り方のコツ5選!社会人でも大丈夫
(画像=『Lovely』より引用)

- 会話での友達の作り方

友達を作るのは最初が肝心です。多少の不安はあるでしょうが、オリエンテーションで隣に座った人と話してみましょう。
安心してください。
誰もが知り合いがいなくて困っているのです。しかも、オリエンテーションとなれば、全員一年生(一回生)です。
授業が始まってしまえば、大学は基本的に私服なので何年生(何回生)かわかりません。
友達になるコツは、出身地を聞くことです。
大学ですから、日本全国からやってきます。もし、その場所へ旅行したことがあれば、話題も弾むでしょう。

友達の作り方のコツ5選!社会人でも大丈夫
(画像=『Lovely』より引用)

- 見た目で判断しない

また、オタクっぽいとかギャルっぽいとか見た目で判断してはいけません。たいてい自分のイメージと性格は違います。勇気を持って
「どこから来たのですか。」
と聞いてみましょう。
もしかしたら、付属高校の人かもしれません。付属高校であれば、同じ出身の高校の友達が学部内にいる可能性が高いです。
そうすれば、その友達がコアとなって、友達の友達ができていくでしょう。

友達の作り方のコツ5選!社会人でも大丈夫
(画像=『Lovely』より引用)

- 体育の授業での友達の作り方

オリエンテーションで話しかける機会を失ってしまった人は、体育の授業が友達を作るチャンスです。普通の授業と違って、話しやすい雰囲気が広がっています。ちょっとしたきっかけで、会話のきっかけをつかむことができるでしょう。
また、運動すると気分が晴れやかになって、誰とでも気軽に話しやすくなります。
運動すればお腹がすきます。少しお金があれば、食事に誘うのもコツです。いっしょにご飯を食べると親近感が湧きやすく、カンタンに友達になれます。

友達の作り方のコツ5選!社会人でも大丈夫
(画像=『Lovely』より引用)

- サークルでの友達の作り方

最後は、サークルに入ることです。実はこれが一番友達を作る方法としてカンタンです。うまくいけば一生涯の友達を作ることができます。
なぜでしょうか。
それは、趣味が同じだからです。
サークルには多少のお金が必要です。しかし、大学生は頭がいいです。いかにお金を使わずに楽しむかという点に希望を見出しているので、ちょっとのお金で何倍もの楽しみを得られるコツを知っています。

友達の作り方のコツ5選!社会人でも大丈夫
(画像=『Lovely』より引用)

- 先輩は強力な情報源

サークルには先輩という強力なアドバイザーもいます。安いレストランの情報や大学周辺のおすすめの場所を紹介してもらいましょう。
サークルには学部で仲良くなった友達と入ってはいけません。自分の趣味嗜好に合ったサークルに入るのがコツです。
サークルでは、すぐに別の新しい友だちができるでしょう。

友達の作り方のコツ5選!社会人でも大丈夫
(画像=『Lovely』より引用)