基本的にドSの人は積極的かつ、攻撃的という特徴があります。また、ドSな人と聞くと精神的に痛めつけることを好むような言動をイメージされると思います。たいていは、その通りの特徴を持っています。では、ドSの人は具体的にはどのような言動があるのでしょうか?

ドSな人の特徴や心理

人の性格にはSかMかという分け方がある。そのSとMの中でも、よりその性格が強く出ていることをドSやドMと言います。この性格の違いは男女は特に大事になります。お互いがドSやドMに偏るとその性格の特徴上、衝突してしまったり、遠慮し合ってしまったりなどの問題が起きてしまいます。

ドSな人の特徴や心理と見分け方を解説!
(画像=『Lovely』より引用)

そのような問題を回避するために、付き合う前にSかMのどちらの性格であるか見極めておく必要があります。今回はドSやドMの両方について書くと記事が収まらないので、ドSについて話しを進めたいと思います。

ドSの人を見極めるには、どのような特徴や性格に注目すれば良いのでしょうか?

ドSな人の特徴や心理と見分け方を解説!
(画像=『Lovely』より引用)

ドSの人の言動や心理

基本的にドSの人は積極的かつ、攻撃的でもあります。ドSな人と聞くと、精神的に痛めつけることを好むような言動をイメージされると思います。たいていは、その通りの性格です。では、ドSの人は具体的にはどのような言動があったり、心理が働いたりしているのでしょうか?

ドSな人の特徴や心理と見分け方を解説!
(画像=『Lovely』より引用)

ドSの特徴 (1)主導権を握りたい

ドSの人は自分の意見や主義主張がハッキリしています。また、その意見や主張を言動に表すことができます。なので、ドSの人は自分のペースを作り、守ることができます。しかし、そのペースも他人によって崩されることもあります。そのようなときは、自分のペースが崩されないように自分の意見や主張を表に出します。

ドSな人の特徴や心理と見分け方を解説!
(画像=『Lovely』より引用)

ドSの人は普段からこの自分のペースを守るために、少し攻撃的な一面を見せたりします。自分のペースを守るために、他人を攻撃するような言動で相手より自分の方が強いと認識させようという心理が働くのです。

他人よりも自分が強い状態を維持することで、場の主導権を握ることができます。主導権を握ってしまえば、他人に自分のペースを崩されることがなくなります。

ドSの人は恋愛でも主導権を握る立場でいようとするため、リードしてくれるという特徴があります。

ドSな人の特徴や心理と見分け方を解説!
(画像=『Lovely』より引用)