香水はつけるだけで気分が変わる素敵なアイテムですが、1回の使用量が少ないため、なかなか減らずに残ってしまうことも。実は香水にも使用期限があり、開封すると次第に劣化が進んでしまいます。本記事では、香水の使用期限や期限切れの判断方法、劣化する原因、正しい保管方法とともに、使用期限切れ香水の活用方法などを紹介します。

【未開封・開封済み】香水の使用期限について

香水の使用期限は1〜3年が目安!劣化の判断方法、正しい保管方法も解説
(画像=『Lovely』より引用)

まずは、香水の使用期限の表示について解説します。未開封・開封済みそれぞれの、おおよその使用期限も確認しておきましょう。

香水に使用期限が明記されていない理由

多くの香水には使用期限が表示されていません。これは、医薬品医療機器等法(旧薬事法)という法律で、製造または輸入後3年を超えて安定した品質を保てる化粧品は、使用期限を表示しなくても良いとされているためです。

ただし、香水は次第に劣化していくため、使用期限の目安はある程度決まっています。

未開封の香水の使用期限

香水の主な原料は、エタノールと香料、蒸留水です。エタノールには防腐効果があるため、香水は未開封なら3年ほどは問題なく使用できると言われています。

ただし、この使用期限は購入日ではなく、製造年月日から計算したもの。フリマアプリやオークションサイトで香水を購入する場合は、製造年月日にも注意しましょう。

開封済みの香水の使用期限

開封した後の香水は、徐々に劣化が進んでいきます。これは、使用するうちに日光や空気の影響を受けたり、皮脂や雑菌が混入したりするためです。保管状況にもよりますが、開封済の香水の使用期限は約1年を目安にしましょう。購入する際は、1年以内に使い切れるかどうかを考えるのがおすすめです。

香水の使用期限切れの判断方法

香水の使用期限は1〜3年が目安!劣化の判断方法、正しい保管方法も解説
(画像=『Lovely』より引用)

香水の使用期限切れは、香りや色の変化で判断できる場合もあります。また、購入した際に購入日や開封日をメモして貼っておくと、使用期限切れの目安になるので便利です。ここでは、香水の劣化を見分ける方法を解説します。

香りの変化で見分ける

香水の劣化を見分けるために、香りの変化をチェックしましょう。鼻を刺すようなツンとしたニオイや、古い油のようなニオイがするなら、劣化している恐れがあります。

また、直接ニオイを嗅いだ時はそれほど気にならなくても、肌につけて時間が経つと悪臭になることもあるので注意してくださいね。

色の変化で見分ける

変色も劣化の証拠です。香水は劣化するとにごりが出たり、黄色や飴色に変色したりします。その他、異物が沈殿している場合や、容器の内側にカビが生えている場合も劣化しているので要注意です。

瓶に色がついていて見にくい場合は、白い布などに香水を吹きかけてみてください。吹きかけた直後はわからなくても、時間が経つと変色することもあるので、しばらく時間をおいて観察しましょう。

パッチテストで見分ける

香水の香りや色に変化がなく、期限切れの判断が難しい場合はパッチテストを行う方法もあります。

<パッチテストのやり方>

  1. 香水を吹きかけた絆創膏を肌に貼り、1時間後にはがして写真を撮る
  2. 同じ絆創膏を貼り直し、48時間後にはがして写真を撮り比べる

パッチテストの途中で肌に異常を感じた場合はすぐにはがし、香水の使用を止めましょう。劣化した香水をそのまま使うと、肌荒れやかゆみなどの肌トラブルを引き起こす恐れがあります。シミの原因になってしまうこともあるので注意が必要です。