好きでもない男性からデートに誘われたけど、職場の上司や取引先のお客様だったり、友人関係がこじれてしまいそうな相手だと断り方も慎重になってしまいますよね。今回は そんな時に役立つ、角が立たない上手なデートの断り方をご紹介します。

女性が男性からのデートを断る理由

デートの断り方11選!上手に断って角を立てない!【必見】
(画像=『Lovely』より引用)

気になる男性からのデートの誘いだったら、待ってましたとばかりにウキウキ喜んで予定を開けるでしょう。しかし全く気になっていない男性や、男として見ることができない男性、もっと言えば嫌いなタイプの男性からデートに誘われたら、どんなに断りづらい相手でも、できればスマートに角が立たないように断りたいですよね。

予定が合わない、誘い方がいまいち、デートプランがいまいち、などの理由だったら、相手の男性にもまだチャンスがあるかもしれません。

でも、気が乗らない相手とのデートは時間の無駄でもありますし、二人きりで会って余計な期待を相手の男性に持たせてあとあと面倒になることも避けたいところ。たとえ誘われたデートの内容が憧れの大人のデートだったとしても、相手の男性に対して全く気持ちがないのであれば、上手に相手を傷つけずに角が立たないように断りたいところ。ぜひここで紹介する上手に断る方法を参考にしてください。

相手を傷つけてしまうデートの断り方

デートの断り方11選!上手に断って角を立てない!【必見】
(画像=『Lovely』より引用)

上手に角が立たない方法でデートを断るためには、逆に相手を傷つけてしまう断り方のNGを知っておくことが大事です。とはいえ、どんな方法でも勇気を振り絞ってデートを誘ってきた男性に対してデートの誘いを断ることは、相手の男性を少なからず傷つけてしまうことに間違いないでしょう。それでも、少しでも傷が大きくならないように、今後の関係性に多大な影響がないように角が立たない上手な方法で断りたいですよね。

デートを断るということもコミュニケーションの一つです。人と人との関係の中で上手なコミュニケーションをとることは大事なこと。いくら気のない相手でも、相手の気持ちを考えて対応するべきですよね。

そのためにも、こんなことを言ったら相手を深く傷つけてしまうかも、今後の関係性が悪くなるかも、という断り方をぜひ知っておいてください。

デートの断り方NG①ドタキャン

デートの断り方11選!上手に断って角を立てない!【必見】
(画像=『Lovely』より引用)

一度デートを受けたのに、やっぱり気が乗らなくて 「今日別の用事が入っちゃったの、ごめんね。」 「うっかり寝坊しちゃったわ。」 「今日は体調が優れなくて・・・」 「どうしても外せない用事が入っちゃったの。」 など、いろいろな理由をつけて当日にデートをドタキャンする事はどうでしょう?

相手の男性はあなたとのデートを楽しみにしていたはずです。一旦相手の男性に期待させておいて、気が変わって軽い気持ちで断ってしまうと男性をとてもがっかりさせてしまいます。ドタキャンするくらいなら最初から角が立たない上手な方法で、きちんと断っておくべきですよね。

デートの断り方NG①正直すぎる

デートの断り方11選!上手に断って角を立てない!【必見】
(画像=『Lovely』より引用)

「あなたの顔はタイプじゃないの。」 「あなたに使うお金と時間はもったいないの。」 「あなたには興味がないの。」 「あなたのことは男性として見ることができないの。」 など、思っていることを正直に伝えてしまうのは、ある意味優しさでもありますし、相手にきっぱり諦めてもらうためにも手っ取り早い方法ですが、こんなことを言われたらどうでしょうか。

あまりにも正直に言われると相手の男性もショックで立ち直れないことも。いくら気のない相手でも、言われるほうの相手の男性の気持ちを少しは考えて、同じことを伝えるにしても言い方を考えて、角が立たない上手な方法で断りましょう。

結果的には同じことを伝えるとしても、伝え方一つで相手が受ける印象は変わるものです。

デートの断り方NG①メールを無視する

デートの断り方11選!上手に断って角を立てない!【必見】
(画像=『Lovely』より引用)

デートを断るのも面倒なときもありますよね。メールで誘われたなら返信せずにスルーしてしまおうという気持ちもわかります。

でも、メールでデートのお誘いをするのも勇気がいることです。勇気を振り絞ってメールをしたのにいつまでたっても返信がないとショックですよね。

「メールの返信がない=断られた」と思う男性であればショックでもう誘ってこないでしょうが、逆に都合よく捉える男性ですと「メールの返信がない=忙しいだけで可能性はまだある」と思ってしまう男性もいます。そのような男性の場合は、メールの返信があるまでしつこく誘ってくるかもしれません。

そんな面倒なことになる前に、礼儀としてメールのお誘いでも角が立たない上手な方法できちんと返信しましょう。