職業がバーテンダーと聞くとなんだかカッコいいですよね。

女性でも男性でもバーテンダーという職業に憧れたことがある人は多いはず。

バーテンダーはお酒を作るだけの仕事と勘違いしている人が多いですが、実際はそうではありません。

バーテンダーの仕事はお酒を作る以外にも様々あります。

また、働くお店によっても仕事内容が少し変わってくることもあります。

今回は音楽バーでバーテンダーとして働いた経験を元にどんな仕事なのか、お給料はどれくらいなのかなど詳しくご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

バーテンダーの仕事内容ってどんな感じ?

バーテンダーってどんな仕事?1年働いた経験からやりがいや給料事情まで詳しくご紹介します!
(画像= girlwork.tokyo/wp-content/uploads/2020/12/bar-lady3.jpeg、『Lovely』より引用)

まずはバーテンダーの仕事内容についてご紹介します。

ドリンクの作成

バーテンダーなのでお客様が注文した飲み物を作るのが一番重要な仕事です。

しかし、いきなりシェーカーを振らせてもらえることはなく働きはじめの頃はソフトドリンクやビール、混ぜるだけで作れるカクテルなどの作成から覚えます。

仕事に慣れてきたら、シェーカーの使い方や簡単なカクテルの作成をして覚えていきます。

しかし、シェーカーは思っているよりも難しいので完璧に作れるようになるまではかなり時間がかかるためすぐにお客様に提供できるわけではありません。

おつまみや食事の調理

ほとんどのバーは飲み物以外にナッツやチーズなどお酒に合うおつまみを用意しています。

私が働いたバーはナッツやチーズなど定番のおつまみの他にカレーや丼もの、揚げ物なども提供していました。

そのため、難しい調理ではないもののバーテンダーはお酒を作る以外に簡単な調理もしなくてはいけません。

大きなお店や高級店などであれば調理専門の人を雇っている場合もあります。

お客様との会話

静かでゆったりとした空間がコンセプトのバーや高級なバーではスタッフがお客様にたくさん話しかけたり、会話をするということはあまりありません。

しかし、私が働いていたバーはフレンドリーでスタッフとお客様が仲良く楽しく過ごすコンセプトだったのでお客様との会話も1つの仕事でした。

会話と言っても難しいものではなく、世間話や好きなものの話など友達や家族と話すようなものばかりです。

また、私が働いたバーは音楽バーだったので一緒に楽器を弾いたり、カラオケで盛り上がることもよくありました。