アロマオイルはリラックス、殺菌、虫除け、美容など、さまざまな種類の効果が期待できます。本記事では、アロマオイルの種類や手軽に楽しめる使い方の他、場所別におすすめの香りや扱う際の注意点などを紹介しています。※本記事でのアロマオイルとは、精油(エッセンシャルオイル)をキャリアオイル(植物油)で希釈したものを指しています。

【基本から応用まで】アロマオイルの使い方9選。簡単に香りを楽しめる方法を紹介
(画像=『Lovely』より引用)

監修者:NPO法人日本メディカルハーブ協会認定(JAMHA):ハーブ&ライフコーディネーター、メディカルハーブコーディネーター 薬剤師 徳永景子
WEBメディアディレクター。妊娠・出産中に感じた心身の変化をきっかけに、ハーブに興味を持ち、学ぶ。ハーブティーや料理、フレグランスなど、手軽に取り入れられる『ハーブのある暮らし』を送る2児の母。時々薬剤師として働きながら、企業のWEBメディア作成に携わる。

そもそもアロマオイルって?

【基本から応用まで】アロマオイルの使い方9選。簡単に香りを楽しめる方法を紹介
(画像=『Lovely』より引用)

アロマオイルと呼ばれているものには、精油(エッセンシャルオイル)と、香りなどを楽しむために精油以外の成分が含まれているものがあります。精油は100%植物から抽出された天然のオイル。一方でアロマオイルは合成香料が含まれており、フレグランスオイルやポプリオイルとも呼ばれています。

フレグランスオイルやポプリオイルは肌への塗布はできませんが、比較的安価で入手でき、気軽に安定した香りを楽しめるのが魅力です。精油はフレグランスオイルやポプリオイルと比較すると高価ですが、肌への塗布ができるものが多いです。

そのため、入浴時にお風呂に混ぜる、スチームとして使う、化粧水やハンドクリームのようにスキンケアとして使うなど、肌に直接触れるような取り入れ方の場合は、必ず精油を用いるようにしましょう。

注釈*
アロマテラピーには精油を用いますが、「アロマオイル」などの製品名がついているものの中には、精油とは異なる類似品もあるため注意が必要です。なお、本記事でいうアロマオイルとは、精油をキャリアオイル(植物油)で希釈したものを指しています。精油は原液のまま肌に付けると刺激が強すぎるため、肌に触れる使い方をする時は薄めてください。

【基本編】アロマオイル(精油)の使い方3つ

アロマオイルは、家庭でも手軽に取り入れられるアイテムです。まずは、すぐに試せる基本の取り入れ方を紹介していきます。

1.ティッシュやハンカチを使う芳香浴法

【基本から応用まで】アロマオイルの使い方9選。簡単に香りを楽しめる方法を紹介
(画像=『Lovely』より引用)

芳香浴はアロマオイルを拡散させて香りを楽しむ、最も手軽な使い方です。ハンカチやティッシュにお好みのアロマオイルを1~2滴垂らして置いておくだけで空間が良い香りに包まれ、心地よい気分になれるでしょう。ハンカチやティッシュの他に、アロマディフューザーやアロマストーンなど、専用のアイテムを使うのもおすすめです。

2.蒸気を利用する吸入法

【基本から応用まで】アロマオイルの使い方9選。簡単に香りを楽しめる方法を紹介
(画像=『Lovely』より引用)

お湯の蒸気を利用して、アロマオイルの芳香成分を鼻と口から吸入する方法は、リラックスだけではなく鼻づまりや喉の痛みなどに効果的とも言われています。使い方は簡単。お湯を入れたマグカップにアロマオイルを1~3滴ほど垂らし、立ちのぼる香りを楽しむだけです。

蒸気を吸い込む時は、アロマオイルの成分が目を刺激する恐れがあるため、必ず目を閉じて行うようにしましょう。また、アロマオイルを入れたお湯は誤って飲まないように注意してくださいね。

3.入浴時に使う沐浴法

【基本から応用まで】アロマオイルの使い方9選。簡単に香りを楽しめる方法を紹介
(画像=『Lovely』より引用)

入浴時にアロマオイルを利用する使い方は、沐浴法やアロマバスと呼ばれています。香りと入浴の両方の力で、心身ともにリラックスできるでしょう。アロマオイルはお湯に溶けないため、浴槽に入れる際は無水エタノールに混ぜるか、植物油や専用のバスベースで乳化させてから使うのがポイント。全身浴の場合は1~5滴、半身浴や手浴、足浴は1~3滴を目安にしてください。

また、柑橘系やスパイス系、ミント系のアロマオイルは肌への刺激が強いため、一度にたくさん入れすぎないように注意が必要です。