エッセイスト・犬山紙子×臨床心理士・三瓶真理子の
モヤ女カウンセリング
職場の人間関係や仕事のトラブル、パートナーとの共働き生活や子育てのこと……。働く女性の悩みや不安をイラストエッセイストの犬山紙子さんと、臨床心理士・三瓶真理子さんがカウンセリング! モヤモヤ解消のヒントをお届けします。

「身近にキャリアのお手本となる女性がいない」「妊娠・出産後も変わらずに働き続けられるイメージが湧かない」

そんな、女性ならではとも言える不安を抱えている女性も多いのでは? 性別を問わず長く働くことが一般的になってきたとはいえ、女性がライフイベントの影響を受けやすいという事実はなかなか変わりません。

そこで今回は、「キャリアに関する不安」をテーマに、犬山紙子さんと三瓶真理子さんがカウンセリングします。

【今回のモヤ女さんたち】

著者名

Aさん

今いる部署は女性の管理職者がゼロ。ロールモデルがいなくて、自分がどんなキャリアを築けるのかイメージが湧きません。

著者名

Bさん

育休から復職したら『時短だから』と仕事を制限されてしまい、先が見えなくなりました。

著者名

Cさん

キャリアアップはしたいけど、肩書がつくと業務量も倍増するので、子どもは持てないかな……と思うようになりました。両立できる気がしなくて……。

※Woman type読者、犬山さんのSNSフォロワーへのアンケートより編集の上抜粋

「ロールモデルの不在」に深刻になる必要はない

著者名

犬山

少し前まで、メディアで取り上げられる女性って「スーパーウーマン」みたいな人が多かったじゃないですか。家事も育児もバリバリやってます!と。

私よりも上の世代には、とてもまねできないような努力をして、生活を犠牲にしながら出世してきた人も多くて。

それを見ると、「女性はいろいろ捨てないとキャリアアップできないのかな」「私は自分の時間も欲しいな」って思っちゃうんですよね。

著者名

三瓶

確かにそうですよね。でも、誰かの働き方をお手本にするのもいいですが、大切なのは「自分にとってどう働くのが一番幸せか」を考えていくことだと思いますよ。

著者名

犬山

Woman typeの読者さんからも「ロールモデルがいなくて不安」という声が届いているのですが、その場合はどうしたら良いでしょうか?

著者名

三瓶

社内だけでなく社外のロールモデルにも目を向けるのもひとつですよね。逆に「こんな働き方だけは嫌だ」と思う“逆ロールモデル”を検討してみることも、自分のキャリアを考える上では参考になります。

「将来が見えなくて不安」な働く女性たちの悩みを犬山紙子×三瓶真理子がカウンセリング
(画像=『Woman type』より引用)
著者名

三瓶

あとは「ロールモデルがいない」という状況を、必ずしもネガティブに捉える必要はないのではないでしょうか。

「ロールモデルがいないキャリアは歩んではいけないのかな」と無意識に思ってしまいがちですが、もちろんそんなことはありません。先駆者がいないからこそ、思い切った挑戦ができたり、オリジナリティーのあるキャリアになるという面もありますよね。

著者名

三瓶

他に例のないキャリアを経験しているというのは、他の人にとっては魅力に映ることもあります。今の時代は特に、先駆者のいないキャリアを歩む人を肯定的に捉える人も多いのではないでしょうか。

一歩踏み出したその先には、ブルーオーシャンが広がっていることもあるかもしれませんね。

キャリアに関する意思表示は、「会社や上司のため」でもある

著者名

犬山

キャリアを考える上で、多くの女性が直面するもう一つのテーマが「ライフイベントとの両立」ではないでしょうか。
読者さんから届いている産後のキャリアに関するお悩み、これっていわゆる「マミートラック」ですよね。

著者名

三瓶

そうですね。若手の頃は全力で一生懸命やってきたけれども、子どもが生まれると今までのように仕事にフルコミットできなくなる……というのはとてもよくあります。

著者名

犬山

会社側が「子どもが小さいうちは大変だろうから、楽な業務をしてもらおう」と気を使っている場合もありますよね。気を使っているていで追いやっていることもありそうですが……。

でも実際は、そういう待遇を望まない、しっかり働きたいという女性も多い気がするのですが。

「将来が見えなくて不安」な働く女性たちの悩みを犬山紙子×三瓶真理子がカウンセリング
(画像=『Woman type』より引用)
著者名

三瓶

会社側は配慮だと思っていても、極端に業務量が減ったり、責任の伴わない業務を回されたりすることで、「職業人として貢献できていない」「今まで積み上げてきたキャリアがなくなってしまう」と不安になる女性も多くいらっしゃいますね。

著者名

犬山

その場合は、自分の希望を上司に伝えて業務内容を見直してもらう必要があると思うのですが、臆せず物申せる人ばかりじゃないですよね。

著者名

三瓶

上司は自分の評価者でもありますからね。本音が言いづらいと感じてしまうのも自然なことかなと思います。

でも、マネジメント……つまり部下がどのくらい仕事が可能か知っておくのは上司の「仕事」ですよね。

著者名

三瓶

いま自分がどのくらい仕事をできるのかということや、自分の能力やスキルを発揮できるような働き方について希望を伝えるということは、ある意味上司の役割のサポートをしているとも言えます。

気を使ってしまう人は、むしろ「上司のためにも伝えるぞ」ぐらいの気持ちでもいいかもしれませんね。

著者名

犬山

なるほど。そう考えると、上司に対して必要以上に構える必要はないって思えますね!