寝る方角でダメなのは?どこに頭を向けて寝るのが良い方角なのでしょうか?運気アップになる方角は?さらに頭を向けて寝てはいけない方角についても解説します。

ゆっくりとリラックスできる寝室は心身の疲れを取ることができ、次の日にはスッキリと目覚めることができます。睡眠の質を高めるためには、風水でもさまざまなことをして調整していくことができます。

寝る方角によっても寝付きが異なり、リラックス度合いが変わってきます。寝る方角は比較的簡単に取り入れられるのではないでしょうか。八方位のそれぞれの寝る方角についてご紹介していきます。

寝る方角と風水の関係

寝る時の方角によって、心身のリラックス度合いが異なり、睡眠の質も異なります。風水では各方位によって健康運、恋愛運、仕事運、金運、出世運などを高めてくれます。

自分が高めたい運気の方向に向かって寝ることで、そのエネルギーを取り入れていくことができます。また寝る方角によって睡眠の質が影響していきます。同じ部屋に寝ていても、枕の向きを変えただけで、睡眠の質が大きく変わることがあります。

磁場は北から南に流れているので、その流れに沿って寝ることで、疲れがとれやすくなります。寝つきが悪くて悩んでいる人や、睡眠していても夜中に何度も目が覚める人、睡眠時間は確保しているけれど、疲れがとれた気がしないという人は、枕の向きを変えてみましょう。

頭を向けて寝てはいけない方角は?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

「北枕の縁起が悪い」という言葉を言われることがありますが、お釈迦様が入滅の時に頭を北に向けて横になったと言われています。北を枕にして寝ていると、お釈迦様の死を連想してしまうことから北枕は縁起が悪いと言われるようになりました。

お葬式では亡くなった方を安置する際に、頭が北側になるようにします。亡くなった時にお釈迦様と同じように極楽浄土に行けるようにとの願いが込められています。通常は北枕にすると亡くなった人というあまりよくないイメージからも、北枕にすると縁起が悪いと言われています。

ただ風水では北枕は良いと言われています。風水では、逆に頭を南向きに寝るのはおすすめしません。南は火の気になり、トラブルや災難、また運気を寝ている間に燃やしてしまうと言われています。

玄関ドアに頭を向けて寝るのは?

玄関ドアや部屋のドアに頭を向けて寝るのはNGです。玄関やドアからは良い気も悪い気も入ってきて、直接的にエネルギーを受けてしまいます。

ワンルームマンションなどでどうしてもベッドの位置が変えにくい場合は、棚を置いたり、パーテーションやカーテンなどで仕切りをつくりましょう。玄関の扉を開けたときに、直接頭にエネルギーがいかないようにすることが大切です。

また、窓際もエネルギーが不安定な場所になります。窓際に頭を向けて寝ないようにしましょう。どうしても窓際にしか向けることができない場合は、厚手の遮光カーテンをしておきましょう。寝ている間は無防備な状態なので、良いエネルギーが抜けてしまうのを厚手の遮光カーテンで防ぎます。

寝る方角が北向きの意味

北側は健康や財運と関係している方位です。北半球では磁場は北から南に流れています。磁場に逆らわずに頭を北に向けて寝るのがベストです。

北枕で寝ると頭から足の方に流れができます。寝ている間に気の流れや血流が整い、睡眠中に疲れをとることができます。北の方角は水の気を持ちますので、頭を冷やし、足を温める効果があります。頭寒足熱の効果で、寝ていることで疲労回復していくでしょう。

北側のラッキーカラーはホワイトとピンクです。ラッキーカラーを取り入れることで、更に良い気をチャージしていきましょう。

寝る方角が北東向きの意味

北東は、鬼門になり変化の多い場です。鬼門は邪気が出入りすることで、エネルギーが安定しません。北東は干支に当てはめると丑寅(うしとら)に当たり、丑には角が生え、虎には牙があるため鬼がいると考えられていました。相続運や不動産運と関係しています。

この方位はエネルギー的に不安定なため、頭を向けて寝るのはおすすめできません。また逆向きの南西も裏鬼門になるので、その他の方角に頭を向けれるように工夫しましょう。

窓際が北東向きで頭の方向を変えることができない場合は、寝付きを良くするためにも、遮光カーテンをしておくと良いでしょう。

北東のラッキーカラーは、ホワイト、アイボリーです。ラッキーカラーの遮光カーテンを取り入れて、気の流れを調整していきましょう。