メディアに取材されたり、イベントに登壇したり……活躍している女性エンジニアは、何だか「すごい人」 ばかり。頑張り過ぎたり、無理し過ぎたりすることなく、地に足をつけて自分らしく働き続ける道はないのだろうかーー。

2021年11月17日(水)、女性エンジニアの学びと活躍を応援するカンファレンス「Woman Developers Summit」で行われたトークセッション「ごくフツーの私たちの考えるIT女子的アレコレ」では、“IT業界で働く女性ならではのキャリアのもやもや”をテーマに議論が交わされた。

トークセッションに参加したのは、アトラシアン株式会社の朝岡絵里子さん(モデレーター)と鈴木朝子さん、株式会社ナビタイムジャパンの笹谷和美さん、株式会社 LIXILの西脇彩さんの4名。

彼女たちはこれまで、どのような不安を感じ、乗り越えてきたのか。セッション内容の一部をお届けしよう。

著者名

アトラシアン株式会社 
シニアマーケティングマネージャー 
朝岡 絵里子さん
外資系BIツールベンダーや複数の外資ソフトウェア企業でのSE、プロダクトマネージャー、プロダクトマーケティング、ビジネス開発担当を経て2014年にアトラシアン入社。国内パートナービジネスの立ち上げ後マーケティング担当に。2人の男児の母

著者名

株式会社ナビタイムジャパン 
ASP PJ・プロジェクトマネージャー 
笹谷和美さん
2017年にナビタイムジャパンに中途入社し、バスデータの整備やBtoCサービスのマーケティング施策担当に。2019年よりナビタイムジャパンの全サービスで利用するAPI基盤開発に従事し、現在はマネージャーを担当

著者名

株式会社 LIXIL 
デジタル部門 セールス&マーケティング デジタル推進部 
西脇 彩さん
2018年に15年勤務した楽天グループ株式会社を退社し、LIXILへ入社。プロダクトオーナーとしてマーケティング部門のデジタル化を担当している。小学生になる息子がいる

著者名

アトラシアン株式会社 
カスタマーサクセスマネージャー 
鈴木朝子さん
インターネットサービス企業でエンジニアとして開発業務に携わり、2018年にアトラシアン入社。現在はカスタマーサクセスマネージャーとしてアトラシアン製品の導入・運用支援を担当

「やっぱり不安」ライフステージの変化に感じること

「すごい人」目指さなきゃダメ? IT業界で働く女性のキャリアのもやもや座談会
(画像=『Woman type』より引用)
著者名

朝岡さん

以前、全国のエンジニアに「今後のキャリアで不安なこと」をテーマにアンケートを実施したところ、女性は3位に「ライフステージの変化が、キャリアや仕事のパフォーマンスに悪影響を与えないか」が挙がりました。

パネリストの皆さんは、これまでキャリアに不安を感じたことはありますか?

著者名

西脇さん

幸いなことに、挫折を感じるほどの大きな悩みは抱えたことはありません。

ただ、プロダクトマネージャーとして、「ユーザーの課題解決につながるプロダクトを作り続けることができるか」という点は常に考えていますね。

今担当しているプロダクトは、ユーザー層と自分の距離がそれほど離れているわけではないので困ってはいないのですが、ライフステージが上がるにつれてユーザーの価値観が理解しづらくなってしまうのは確か。

プロダクト開発の感覚が段々にぶってしまうのではという不安を感じることはありますね。

著者名

朝岡さん

鈴木さん、笹谷さんはいかがですか?

著者名

鈴木さん

サーバーサイドエンジニアだった頃は、不定期で深夜対応やアラート対応が必要になることがあり、「ずっと続けられる仕事ではないのかな」と悩むこともありました。

当時の職場にすごく優秀な女性エンジニアの方がいたのですが、その人も出産を機に他の職種に転身されていて。私もいつかそうしなきゃいけないのかな、と不安になりました。

著者名

笹谷さん

私の周りでも、開発系のマネジメント業務をされている人の中で、出産後に復帰して活躍している女性はまだいなくて。

将来的に自分のライフステージが変化したとき、このまま働けるのかと不安になることはありますね。