「まんまとハマってしまった」「夢を見ることもなく爆睡」「寒くなった今使うとまじでやばい」...

「まじでやばい」「爆睡した」噂の「耳ほぐタイム」、寝付けない記者が使ってみた。
(画像=『Lovely』より引用)

SNS上でそんな声が続出している快適グッズがあります。小林製薬の「ナイトミン 耳ほぐタイム」です。普段寝つくまでに時間がかかる記者も気になり、11月下旬に東京都内のドラッグストアで入手し、試してみました。

付けた瞬間、耳の中がじんわり温かくなった

「ナイトミン 耳ほぐタイム」は、一言でまとめると安眠に導いてくれる「温かい耳栓」です。

公式サイトには、「耳せんの防音効果で、周囲の雑音による入眠の妨げを防ぎます」「発熱体が耳をとろ~っと温め、寝る前にやすらぎを与えます」とあります。記者は都内ドラッグストアで767円で購入しました。

「まじでやばい」「爆睡した」噂の「耳ほぐタイム」、寝付けない記者が使ってみた。
(画像=『Lovely』より引用)

開けてみると、本体1セット(両耳合わせて2個)、発熱体5セット(10個)、イヤーピース 2サイズ(S、M)が入っていました。実際に使っていきます。

「まじでやばい」「爆睡した」噂の「耳ほぐタイム」、寝付けない記者が使ってみた。
(画像=『Lovely』より引用)

まず、自分の耳に合う方のイヤーピースを本体に取り付けます。記者はSサイズ(オレンジ)が合いました。

「まじでやばい」「爆睡した」噂の「耳ほぐタイム」、寝付けない記者が使ってみた。
(画像=『Lovely』より引用)

取り付けたら、アルミ袋から発熱体を取り出します。

「まじでやばい」「爆睡した」噂の「耳ほぐタイム」、寝付けない記者が使ってみた。
(画像=『Lovely』より引用)
「まじでやばい」「爆睡した」噂の「耳ほぐタイム」、寝付けない記者が使ってみた。
(画像=『Lovely』より引用)

発熱体を手に取ってみると、すでにじんわり温かい! カイロのように、手のひらがぽかぽかしました。