周囲を見渡せば、1人くらいは自分がない人はいます。自分がない人は自分の意見を言わずに、他人の意見に乗っかったり、感情も表に出にくく、何を考えているのかわかりにくいです。このような人たちには、どのような特徴や心理があるのでしょうか?

自分がない人の特徴と心理

周囲を見渡して見ると、1人くらいは何をするにも申し訳なさそうに、自信がなさそうにしている人がします。このようなこのような人は自分がないので、意見や行動を周囲に合わせています。自分の意見を述べたり、行動に表したりしないので、何を考えているのか、理解できなかたっりします。

自分がない人とは、どのような特徴を持った人なのでしょうか?また、克服する方法などはあるのでしょうか?

自分がない人の特徴と心理7選!原因を知って克服しよう!
(画像=『Lovely』より引用)

自分がない人の心理 (1)意見を合わせる

男女問わず、自分がない人にはいくつかの特徴があります。最もわかりやすい特徴がこれです。自分がない人は自分の意見を言いません。正しくは、意見を言わないではなく、意見がないので言えないという表現が正しいです。

自分がない人の特徴と心理7選!原因を知って克服しよう!
(画像=『Lovely』より引用)

誰かの、もしくは多数派の意見に対して、自分もそう思っていたという発言が多いです。どのような場面であっても同じように周囲の意見と同じなので、「本当にそう思っているのか?」、「面倒だから話しを合わせているのではないか?」などと、周囲からは不信感を持たれてしまいます。また、本人には常に周囲の意見に合わせているという意識がないことも特徴の1つです。

自分がない人の特徴と心理7選!原因を知って克服しよう!
(画像=『Lovely』より引用)

自分がない人の心理 (2)無感情

自分がない人はあまり感情が表に出ることがありません。基本的に周囲と意見を合わせるので、大きな衝突もなく、誰かに激しく怒ったり、悔しくて泣いたりなどする機会がありません。感情の起伏が少ないので、周囲からは「ちゃんと話しを聞いてくれているのか?」、「嫌われているのか?」などと勘違いされてしまいます。これはどちらかというと男性に多いタイプです。

自分がない人の特徴と心理7選!原因を知って克服しよう!
(画像=『Lovely』より引用)