もうすぐやってくるお正月!お正月といえば、街やお店などの玄関に正月飾りが施されるのをよく見かけますね。もちろん一般家庭でも正月飾りは行いますが、玄関にはどのような正月飾りを、どのように飾るのでしょうか?正月飾りの知識を身につけてみましょう!

お正月には正月飾り!玄関のどの位置に飾るの?

正月飾り玄関の位置はどこ?いつからいつまで飾る?種類別解説!
(画像=『Lovely』より引用)

世の中は、そろそろ本格的に年末モードへと切り替わっていく時期ですね。

年末になれば、新しい年を迎えるのにあたって正月飾りなどを準備し始める家庭も多くあることでしょう。

見ているだけでもお正月気分を満喫出来てしまうこの正月飾りは、年末から新年にかけての醍醐味ですよね。

主に玄関などに施されているのを、一般家庭やお店の建物ではよく見かけますが、いざ自分の家にも飾ろうと思った時、どのような正月飾りをどの位置に、どのような付け方で飾れば良いのかわからないといったことはありませんか?

いつから正月飾りをして、いつまでに外して処分しなければならないのか。

また、どのような方法で処分するべきなのかについても、意外と知らないという人も多いのです。

今回は、年末から年始にかけて正月飾りに使われる飾りの名前や種類、そしてその飾りを付ける位置や付け方、加えていつからいつまで正月飾りを施すのかについてなど、正月飾りに関する様々な情報をご紹介します!

意味のある正月飾りを正しく施して、日本ならではの伝統的なお正月の祝い方を楽しみましょう!

玄関の正月飾りをする意味は?

では、正月飾りを正しく施して楽しむための予備知識として、そもそもなぜ年末から年始にかけて正月飾りを家やお店などの玄関に施すのでしょうか?

その意味や歴史について少し触れていってみたいと思います!

年末年始になるとあちらこちらで見かける正月飾り。正月飾りというくらいですから、新年の初日である元旦に飾るものなのでは?と思ってしまう人もいるかもしれませんが、正月飾りを施す意味としては元旦では遅くなってしまうのですね。

というのもこの正月飾りは、新年を迎えるにあたって、年神様を我が家に迎えるための飾りなのです。

正月飾りの植物の意味は?

正月飾りとしてよく玄関に施される松などの植物には神が宿ると昔から信じられていて、その松を玄関に施すことで、年神様を迎え入れる準備が整っていますよ。ということを年神様へ伝えるための目印のような役割を果たしています。

それを見た年神様は、正月飾りが施されている家へ行き、その家に住む家族たちに1年の幸せをもたらすと言われています。

このような意味合いを持って、正月飾りが施されているのですね。

要は、神様を迎え入れるための大切な正月飾りということです。決して邪険に扱わず、大切に飾って、あなたも新年の神様をお迎えする準備を始めましょう!