風水ではトイレの観葉植物がどんな種類が良いのでしょうか?それともトイレには観葉植物はよくない?置かないほうがいいのでしょうか?また置いても枯れる?など気になることを詳しく解説します。

風水でトイレは金運や健康運を司る大切な場所です。ネガティブなエネルギーが溜まりやすい場所なので、換気をしっかりとし清潔にしておくことで、場のエネルギーを高めていくことができます。

トイレの場を良くするために、観葉植物を飾ることで、邪気を祓い良いエネルギーで満たすことができます。トイレの風水に良い観葉植物をご紹介しますので、気に入ったものを見つけて取り入れてみましょう。

トイレと風水の関係は?よくない?

トイレは不浄の場と言われており、邪気が溜まりやすい場所です。邪気が溜まりやすいからこそ、いつもお掃除をして整理整頓し清潔に保っておくことが大切です。特に、邪気は下に溜まりやすいので、床の掃除は丁寧にしましょう。

またトイレの蓋を開けっ放しにしておくと、邪気が漏れてしまうことになるので、使用後は必ず蓋を閉めるようにしましょう。

マンションなどで窓がない場合は、ネガティブなエネルギーが溜まりやすくなるので換気扇を回しておき、トイレを明るくするために照明をつけたままにしておくとネガティブなエネルギーが溜まりにくくなります。

トイレはどの方位にあっても良くありませんが、トイレの場を高めるために観葉植物を置くことで、場のエネルギーを調整していくことができます。

トイレの観葉植物の選び方

トイレの観葉植物は、トイレの空間の大きさや置き場所などに応じて選んでいきましょう。狭いトイレで観葉植物が大き過ぎるのはお勧めできません。置いていて邪魔になると毎回トイレに入るときにストレスがかかるので逆効果になります。丁度いい大きさのものを選択しましょう。

観葉植物の種類によって日陰で育ちやすいものから、光を必要とするものもあります。ご自宅のトイレの光の入り具合に応じて植物を選ぶと、育てやすく枯れにくくなります。

<窓があるトイレ>

窓があるトイレでは窓際に置ける小さめの観葉植物や、手洗いがある程度のスペースがある場合は、手洗いのところに置いても良いでしょう。置き場所がない場合は、コーナーシェルフを設置して置くことも可能です。

<窓がないトイレ>

トイレに窓がなく光が入らないトイレでは、暗い場所に置いても育つ丈夫な観葉植物を選びましょう。トイレは邪気が溜まりやすいので、邪気を祓ってくれる葉の尖った観葉植物を置くのがお勧めです。リラックス効果を狙うなら葉が丸いものを選びましょう。

トイレの観葉植物おすすめ20選

トイレの観葉植物のおすすめをご紹介します。場の調整だけではなく、トイレの雰囲気に応じて、インテリアグリーンとして取り入れてみるのも良いでしょう。お気に入りを見つけてみましょう。

■1. アイビー(ヘデラ)

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

アイビーの花言葉は「永遠の愛」「友情」「信頼」「不滅」「誠実」「結婚」です。初心者でも育てやすいアイビーは常緑で周年観賞することができ、耐陰性のある観葉植物です。

日当たりが悪いと葉が落ちることがあるので、風通しがよく明るく日当たりのよう窓際に置きましょう。また他の部屋に置いていたアイビーをカットして水耕栽培として置いておくのも良いでしょう。長い茎(ツル)を伸ばすのでコーナーシェルフのところに飾るとオシャレになります。

■2. サンスベリア

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

サンスベリアの花言葉は、「永久」「不滅」です。別名「トラの尾」とも呼ばれ、マイナスイオンを放出し、空気清浄効果が高いということで風水でも人気の観葉植物です。

明るく日光が当たる場所に適している植物です。乾燥にも強く育て方が簡単なので、初心者の人にも育てやすいです。尖った葉っぱは陽の気を放っているので、魔除けや邪気除けとしても効果的です。インテリアグリーンとしてもオシャレな空間にしてくれます。

■3. アスプレニウム

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

アスプレニウムの花言葉は、「あなたは私の喜び」「真実の慰み」「勇ましい」「雄々しい」です。常緑多年草なので1年中葉を付けてくれる観葉植物です。

耐陰性が強いため、風通しの良い明るい日陰が適しています。日が当たらない場所に置きたい場合は、午前中だけ日差しの当たる場所に置いてあげ、時間に応じて移動させていくと良いでしょう。室温を5℃以下になると寒さで枯れるので、冬の寒い地域は気をつけましょう。

■4. ポトス

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

ポトスの花言葉は、「永遠の富」「華やかな明るさ」です。丈夫で初心者でも育てやすい観葉植物です。耐陰性や乾燥にも強いので、頻繁に手入れをしなくてもOKです。

強い直射日光は避けつつ、日の当たる環境で育てるのが適しています。天井などから吊るしたり、高い位置に飾って置くと下に垂れ下がってくるので、インテリアとしてもオシャレです。ポトスは金運を上げるアイテムとしても風水で人気です。

■5. ペペロミア

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

ペペロミアの花言葉は、「艶やか」「かわいらしさ」「片思い」です。小ぶりの観葉植物なので、スペースが狭いトイレにも適しています。丸い粒の葉がたくさん連なる植物で、リラックス効果があります。

ペペロミアは、たくさんの種類や品種があるので、お気に入りのものを見つけてみましょう。日当たりが良すぎても悪すぎてもNGです。10℃を下回る環境は厳しいので、季節によって最適な場所に移していきましょう。

■6. ミリオンバンブー

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

ミリオンバンブーの花言葉は、「幸福」「開運」「長寿」です。風水でも開運や金運を呼ぶ植物として人気です。明るく風通しの良い場所、直射日光の入る窓際で育ちます。

寒さに弱いため冬の寒い地域は別の室内に移動させましょう。ミリオンバンブーはハイドロカルチャーなどを使った水耕栽培で育てることが可能なので、オシャレなインテリアにもなります。

■7. パキラ

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

パキラの花言葉は、「快活」「勝利」です。別名「発財樹」とも呼ばれ、風水では金運を高めてくれる植物として人気です。耐陰性や耐寒性があり、室内でも育てることができます。

水の与え過ぎによる根腐れになるので、土の表面が乾いてから水をあげましょう。パキラの葉が落ちてくるようなら、週の2~3日くらい程よく日光が当たる場所に移動させてあげましょう。インテリア性も高いので、トイレがオシャレな空間になるでしょう。

■8. モンステラ

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

モンステラの花言葉は、「うれしい便り」「壮大な計画」「深い関係」です。風水では魔除け効果が高いとして玄関にもよく飾られる植物です。

気の流れが悪い場所に置くことで、気の流れを調整してくれるでしょう。直射日光が苦手で、適度に日が当たる場所に置くのに適しています。狭いトイレには切った葉を花瓶などに入れて飾っておくのも良いでしょう。

■9. オオタニワタリ

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

オオタニワタリの花言葉は、「あなたは私の喜び」「真実の慰み」「雄々しい」です。多湿の空間を好むので、トイレでも育てやすいでしょう。

葉は埃が溜まると悪い気を発することになるので、定期的に霧吹きをかけておきましょう。冬は10℃以下になるようなら、別の部屋に移動させましょう。

■10. グリーンネックレス

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

グリーンネックレスの花言葉は、「青春の思い出」、「豊富」です。玉状の葉が連なる可愛い観葉植物で、インテリアとしても癒し効果があります。葉茎を長く伸ばし、下垂させていく植物なので、コーナーシェルフや天井から吊るして飾るとオシャレな雰囲気になります。

■11. オリヅルラン

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

オリヅルランの花言葉は、「集う祝福」「祝賀」「子孫繁栄」です。丈夫で育てやすいことから、初心者の人にもおすすめの観葉植物です。

クモのように見えることから「スパイダープラント」とも呼ばれています。日の光に当たる場所で育つ植物なので、窓がないトイレには不向きです。日光が当たる窓際に置いておきましょう。