片付けられない女性の心理や性格の特徴は?片付けられない女性の原因は病気の疑いも?片付けられない女性の恋愛傾向や結婚、改善対策などについて解説します。

デスクの上が散らかっていたり、部屋の片付けができない女性は少なくありません。また、仕事上ではきちんとしているのに、家に帰ると片付けられないケースもあるでしょう。

こうした女性はどの様な心理でどんな性格なのでしょうか。また、病気ではないかという見方もありますが、実際どうなのか気になるところです。

こちらの記事では、片付けられない女の心理や性格をまとめるとともに、病気という噂や対策についても解説します。

片付けられない女の意味とは?

片付けられない女とは、その名の通り職場のデスクやロッカー、家の片付けができない女性のことを指します。

例えば、一度ものを使ったらそのまま出しっぱなしにしている人や、出したものを元の場所にしまうのが苦手な人は片付けられない女に当たるでしょう。また、掃除するスパンが長い人も片付けられない女といえます。

こうした女性の多くは、気がついたら部屋が汚くなっているパターンに陥りがちです。とはいえ、中には片付けられない女から脱出したいと考えている人も少なくないでしょう。

片付けられない女の心理や性格の特徴12個

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

片付けられない女はどんな心理状態なのでしょうか。また、性格の特徴も気になるところです。続いては、片付けられない女の特徴を解説します。

1:だらしない

片付けに限らず、普段からだらしない格好や生活態度を取っている人は片付けられない女の代表といえます。だらしない女性は、服装や髪型にしまりがなく、だらだらと過ごしがちです。もちろん、片付けに関してもだらしないでしょう。

2:捨てられない

紙袋や使っていない小物、着なくなった服などがもったいなくて捨てられない人も片付けられない女に当てはまります。他人から見ればゴミの様なものでも、なんとなく捨てられなくて取っている場合は要注意です。

3:限定品やセール品に弱い

片付けられない人の多くは、必要のないものを買ってしまう傾向にあります。例えば季節の限定品やセール品と聞くと、いてもたってもいられず、買い物にいきがちです。結果的に要らないものが増えて、片付けられない女になります。

4:試供品をもらう

化粧品や食品を取り扱うお店では、試供品として無料のアイテムを配っていることがあります。片付けられない女は、必要がなくても無料と聞くと試供品を持ち帰りがちです。そもそも要らないものなので、結局ゴミになり片付けられない要因となります。

5:後回しにしたがる

片付けられない女の多くは、つい面倒くさがってやらなければならないことを後回しにする傾向にあります。「やっぱり疲れているから明日すればいいか」とか「また今度やればいいでしょう」といった考え方をしている人は要注意です。

6:責任転嫁しがち

後回しにするタイプにも似ていますが、片付けられない理由を何かと見つけては責任転嫁しがちな人も片付けられない傾向にあります。「今日は寒いから」「明日朝早いから」など、できない理由を探しては、結局片付けをしません。

7:こまめな作業が苦手

片付け上手な人は、毎日少しずつこまめな掃除をしています。一方で、片付けられない女は、一度にやればいいという考え方を持っており、こまめな作業が苦手です。

8:コレクター気質

片付けられない女の多くは、収集癖のあるコレクター気質の人が多いです。同じ様な種類のアイテムを見つけては購入したり、シリーズ展開に目がないという人も同じ様な性質だといえるでしょう。

9:自分に甘い

片付けられない女は、自分に甘い人も多いでしょう。片付けられなかった自分に対して、忙しかったから仕方ないとか体調があまり良くないから今度片付ければいいといった言い訳を見つけて、自分を許してしまいます。

10:心に余裕がない

仕事が忙しい時や悩みを抱えている場合は、片付けに目がいかないことが多いでしょう。普段から心に余裕がないタイプの人は、片付けられない女になりがちです。気がつけば、物が溜まってしまう傾向にあります。

11:好奇心が強い

片付けをしようとしても、懐かしいアイテムや漫画などに気を取られる好奇心旺盛なタイプの人も片付けられない傾向にあります。すぐに気が散り、集中して掃除ができず、なかなか掃除が進みません。

12:汚いことの気がついていない

毎日自分の部屋ばかり見ている女性は、そもそも自分の部屋が汚いことに気がついていません。家に来る人も少なければ、部屋の状態を見るのは自分だけとなり、片付けをすることもないでしょう。

片付けられない女性の原因

◯必要なものと不要なものを判別できない

片付けられない女の多くは、必要なものと不要なものを判別できない傾向にあります。その原因としてあげられるのが、日常生活に疲れ果てて判断能力が鈍っている点です。

◯幼少期の環境

幼少期の環境も大きく影響しています。両親が片付けないタイプの人であれば、片付けの仕方がわからず、どうしたら効率よく片付けられるかがわからないということもあるでしょう。綺麗な状態がイメージできず、収納方法がわからないケースも少なくありません。

◯管理能力が低い

管理能力の低さも問題です。自分の持ち物を管理することができず、毎日の様に鍵や携帯を探している人は、片付けもできません。これは、性格的な問題であり、すぐに直るものではないでしょう。こういう人は、片付けようとしても、結局散らかってしまい、元に戻せなくなってしまう可能性も高いです。