仕事大好きママの
「時短転職」体験記

仕事か、プライベートか。働き方を二者択一で考える時代はもう終わり。「仕事のやりがい」も「子育て」も。全部諦めないと決めた“仕事大好きママ”の「時短転職」体験記をお届けします!

仕事も家庭も諦めたくない。どちらもやりがいを持ちたいーー。

育児との両立のため時短勤務を続けながら、転職活動を始めた私。前回のコラムでは、転職活動の末に2社から内定を得て、現在の会社に入社するまでの経緯と決め手について書きました。

スタートアップ転職で2社内定、どっちの会社に入社する?最終判断の決め手とは【時短ワーママ転職体験記】

無事に転職先が決まってほっと一息……と思いきや、入社時期が新型コロナウイルスの感染拡大と重なり、期せずして完全在宅勤務で仕事をスタートすることに。

人生初のフルリモート生活、新しい会社の人たちと直接会えない中で仕事をする不安……知らないことだらけの中で、試行錯誤することになりました。

「過去の転職とは違う」と念頭に置いて新生活をスタート

私が今の会社に入社したのは、2020年6月。1回目の緊急事態宣言が明けた時でした。

この時点で直属の上司には対面で会って話をしたことがありましたが、とはいえたったの「二回だけ」。上司の顔は分かるものの、仕事中の様子などはよく分かりません。

コロナ禍の転職で「完全在宅勤務」に初挑戦。新しい職場に早く馴染むためにやってよかったこと【時短転職体験記】
(画像=『Woman type』より引用)

転職経験はこれまでにもありましたが、こんなに状況が見えない事態は初めてのこと。一番不安を感じたのは、一緒に働く人たちのことをよく知らないことです。

誰が何の仕事をしているのか、どんなキャラクターで、どんな仕事の進め方をする人なのか。そういう情報がなかったため、自分がどんな風に業務に入っていくのか、過去に転職した時以上に想像しづらい面がありました。

ただ、この環境になんとか適応するしかありません。

そこで、「今までの転職とは同じではない」「今の状況に合わせた工夫が必要」と決めて新生活をスタートすることに決めました。

「遠慮しない」「分らないままにしない」入社後に意識したこと

知らない人だらけの中でのフルリモート生活。「うまくいかないことが基本」と思って始めたものの、つまづくこともたくさんありました。

特に、「困ったときに、誰に何を聞けばいいのか分らない」というシーンはことあるごとに出てきます。

コミュニケーションは基本的にチャットやメールで行っていましたが、誰にチャットする? どうやってメールしたら伝わる? と悩んでいるうちに時間が経ってしまったり。

コロナ禍の転職で「完全在宅勤務」に初挑戦。新しい職場に早く馴染むためにやってよかったこと【時短転職体験記】
(画像=『Woman type』より引用)

出社して働いていた時は、たとえ自分がその人と仕事をしていなくても、目や耳に自然とはいってくる情報から、「こういう時はこの人に聞けばいいのか」「こういう風に相談すればいいんだな」と無意識に判断していたんだなぁ……と痛感しました。

ただ、どうすればいいか悩んでいても状況は変わらない。ということで、チャット、メール、電話、ウェブ会議システムなど使える手段は全部使って、意思表示することを心掛けました。

例えば、「これってどうすればいいんだろう……?」 と困ったとき。私は次のことを意識するようにしました。

①質問することを躊躇せず、まずはチャットする
②回答で不明瞭な点があれば、そのままにせず理解できるまで質問する
③作業の優先順位や期限はテキストにして可視化、共有する
④テキストコミュニケーションで認識齟齬が起きそうな場合は電話で確認
⑤電話で話しても分らないことが残るようであれば、自分からオンラインミーティングの場を設定して、顔を合わせて話すようにする

仕事に関する知識や用語などはネットを使って調べればある程度は理解できます。しかし、その会社ならではのルールや、仕事の進め方は先輩社員の皆さんから学ぶしかありません。

コロナ禍の転職で「完全在宅勤務」に初挑戦。新しい職場に早く馴染むためにやってよかったこと【時短転職体験記】
(画像=『Woman type』より引用)

ですから、こんなこと聞いたらダメかな……?なんて思わずに、どんどん自分からコミュニケーションをとって、疑問点をなるべく残さないよう質問を重ねるようにしました。

また、「誰に聞けばいいのか」分らない質問は、上司に聞いてみるという手もありますし、部署のメーリングリストや、グループチャットなど、複数の閲覧者がいる連絡先に質問を投稿してみるという手段もあります。

最初は知らないことばかりですが、いろいろな人に質問して、回答をもらっていくうちに、社内ルールや仕事の進め方、社員の人間関係なども見えてきて、効率よく動けるようになっていきました。

今は誰に何を聞けばいいのか分かるようになり、多方面にチャットなどで質問を投げかけることはなくなりましたが、入社したばかりの時期に、遠慮せずにいろいろな部門の人に質問したおかげで、その後の仕事に役立つ社内のつながりができたのは思わぬ副産物でした。