Aloha mai !

ハワイでは、マナの力を感じられる場所「パワースポット」が人気です。
オアフ島の中心に位置するワヒアワのクカニロコでは、パワースポットブームによりたくさんの観光客で賑わいをみせています。

残念ながら、今では立ち入り禁止になっており、混みあうことは無いですが、ハワイの歴史を語る上では欠かせない歴史的な場所となっています。

今回は、ハワイの聖地やバースストーンについてお話したいと思います。

「聖地」クカニロコ/Kūkaniloko

歴史で見るハワイの聖地「クカニロコ」のバースストーン
(画像=『LaniLani』より引用)

かつて、クカニロコに立ち入ることを許されたのは古代ハワイの王族のみで、
一般の人がうっかり立ち入ろうものなら処刑されてしまう、そんな場所でした。
神聖な場所なため、当時は「24時間見張りがいた」とも伝えられています。

また、ここには出産の痛みを和らげる「バースストーン」があり、
ここで生まれた子供は強いマナ(パワー)を宿す王になると伝えられています。

それと同時に、このクカニロコは王族の教育の場でもあり、
古代から「聖地」(ヴァヒパナwahipana)として扱われてきた土地でもあります。

古代の出産方法

歴史で見るハワイの聖地「クカニロコ」のバースストーン
(画像=『LaniLani』より引用)

古代から、王女が産気づくとこの地にやってくる風習があったそうです。
辿り着いた暁には、36人の王族男子に見守られ出産します。

その当時、妊婦には「出産時に声を上げてはいけない」といった、いくつかのカプ(禁止事項)がありました。
そこで頼りになるのが、出産時の痛みを軽減すると信じられたバースストーンなのでした。

出産後、すぐ近くの儀式場に移動し48人の王族男子が見守る中で儀式を受け、竹のナイフでへその緒を切ります。
そして、王家の一族誕生を祝う太鼓が打ち鳴らされたと言い伝えられています。

有名なカメハメハ大王も、ここでケオプオラニ王妃に出産してもらいたかったそうですが、叶わなかったそうです。