著者名

副業を始めたら、本業(会社員)のモチベーションが下がった……。

著者名

休みのメンバーの仕事を代理で担当したり、繁忙期で業務量が増えたりしても会社のお給料は増えないから、なんだか損しているような……。

副業で好きな仕事にチャレンジしたり、案件・プロジェクト単位の仕事を経験したりすることで、会社員として働くことにモヤモヤを感じるようになった人も少なくないかもしれません。

でも、そもそも、会社員として働くことと、フリーランスとして働くこと、それぞれには「違い」があるもの。

その違いとは一体何なのか。それぞれの働き方のメリットとデメリット、特徴を確認しながら考えてみたいと思います。

会社員・フリーランス、働き方別のメリットとデメリット

以下の図表はさまざまな働き方の種類と、それぞれのメリット・デメリットについて私が図にしたものです。

「会社員は割に合わない」って本当? フリーランスと会社員、見落としがちな働き方別のメリット・デメリット
(画像=『Woman type』より引用)

多様な論点がありますが、分かりやすくするために極力シンプルにどの働き方もメリット・デメリットを二つずつ記載しています。

向かって左側に正社員、契約社員、派遣社員……と働き方の種類を書いています。

このうち、グリーンで色付けした正社員からパート・アルバイトまでが「雇われる働き方」で、イエローで色付けした「業務委託(フリーランス)」が「雇われない働き方」です。

正社員に関して言えば、「安定した処遇と給与」は大きなメリットの一つです。

経営不振など、会社によほど深刻な事情がない限り、解雇されることはありません。また、原則として従業員の同意がない限りは、会社は勝手に従業員の給与を減額することもできません。

「会社員は割に合わない」って本当? フリーランスと会社員、見落としがちな働き方別のメリット・デメリット
(画像=『Woman type』より引用)

会社員の場合、給与や仕事の維持が法律で厳格に守られているのが特徴です。

フリーランスは自由度が高いが、不確実性も高い

一方、フリーランスは社会的立場や収入が非常に不安定です。

個人がフリーランスとして企業と働く場合、業務委託契約を結ぶケースが一般的ですが、その際、無期ということはありえず、必ず特定の契約期間が存在します。

また、契約期間内であっても、一定の予告期間をもって双方から契約解除可能な場合が多いです。

クライアント企業によって報酬が支払われるタイミングや金額もさまざまなので、そういう意味でも会社員に比べて経済的な不確実性は高くなります。

「会社員は割に合わない」って本当? フリーランスと会社員、見落としがちな働き方別のメリット・デメリット
(画像=『Woman type』より引用)

しかしながら、正社員にもデメリットはあります。たとえば働く時間・場所の固定化(長時間化)です。

コロナ禍で約4割の企業がテレワークを実施中とのデータもありますが(※1)、会社規模(大企業の方が実施率は高め)や地域・業種による差が大きく、「本当はテレワークしたいけれど、会社方針でできない」という人は多いのではないでしょうか?

余談ですが、コロナ禍で「もっと自由にテレワークを交えて働きたい」ということが理由で転職や独立を模索する人が増えたのも直近一年のトレンドです。

それだけ働く時間・場所の固定化に悩んでいる会社員の方がいるということでしょう。

「働き方改革」で改善傾向はあるものの、会社員としてリーダー・マネジャーなどの責任ある役割を任せられるようになればなるほど、結果として長期間労働になりがちな傾向もあります。