めっきり寒くなってマフラーが欠かせない!せっかく巻くなら、その日のファッションに合わせて巻き方を変えるとこなれて見えますよ♪同じデザインのものでもやり方次第で簡単に印象チェンジ。今回はおしゃれ見えするマフラーの巻き方を6つご紹介します。いつも同じじゃもったいない!さっそく見てみましょう。

ファションと合わせて楽しんで♡仕上がり別で見る「マフラーの巻き方」6選

コーデに合わせて印象チェンジ♡おしゃれ見えする「マフラーの巻き方」6選1.jpg
(画像=michillより引用)

めっきり寒くなって首元の防寒も欠かせないシーズンが到来!すでにマフラーを巻いている人も多いのではないでしょうか?

せっかく巻くならその日のファッションに合わせて巻き方を変えて。今回はおしゃれ見えするマフラーの巻き方を6つご紹介します。

同じデザインでも巻き方を変えれば、印象ががらりと変わりますよ!さっそく見てみましょう♪

ワンループ巻き

コーデに合わせて印象チェンジ♡おしゃれ見えする「マフラーの巻き方」6選1.jpg
(画像=michillより引用)

どんな服にも合う定番の巻き方。多くの人がすでにこの巻き方を実践しているのでは?真ん中で折りたたんだマフラーを首にかけ、輪の部分に反対側を通すだけで完成します。

首元をしっかりおおいながらきちっとした印象に。カジュアルファッションにもなじみます。

シンプルクロス

コーデに合わせて印象チェンジ♡おしゃれ見えする「マフラーの巻き方」6選1.jpg
(画像=michillより引用)

マフラーを首に半周させただけで完成。時間がないときでもワンステップでマフラーを巻けるから急いでいるときにぴったりです。

マフラーの端を長く見せられるため、柄を見せたいときにも◎ロング丈のパンツやスカートのコーデに合わせて縦長効果を出せばよりスタイルアップして見え、こなれた雰囲気になれます。

ひとえがけ

コーデに合わせて印象チェンジ♡おしゃれ見えする「マフラーの巻き方」6選1.jpg
(画像=michillより引用)

肩にかけるだけの超簡単な巻き方。柄物や派手な色味のマフラーなら、コーデの差し色やアクセントとして活躍してくれます。

おすすめは縦長デザインのアウターとの組み合わせ。縦ラインを強調してスッキリした印象に見せてくれます。