可愛いネイルをしていると華やかさが増し注目の的になります。
指先のネイルが可愛いとそれだけで幸せな気分になりますよね。
しかし、ジェルネイルやマニキュアは時間も手間もかかるため敬遠しがちになります。
また、職場や学校での規則が厳しく可愛いネイルを付けたくてもオフするのにも手間がかかり付けられないという方も多いのではないでしょうか?

そんな時に役立つのがネイルチップです。
ネイルチップなら自爪に装着するだけで、簡単にオンもオフもできます。
大切なデートやお祝いごとの時にだけ付けたいという場合も、正しい装着をすればプロ級のネイルの仕上がりになるのでおすすめです。

今回は、プロ級ネイルに仕上げるための正しいネイルチップの付け方と外し方、それぞれの粘着テープのメリットデメリット、使用ポイントを徹底解説していきます。ぜひ参考にしてみて下さいね。

ネイルチップの付け方は3種類

ネイルチップ,付け方,外し方
(画像=JOERAより引用)

ネイルチップには3種類の付け方があります。
それは両面テープ、グルー、粘着グミで付ける方法です。
それぞれのメリット、デメリットをご紹介していきます。

両面テープのメリット・デメリット

両面テープのメリットは、失敗したとしても何度も付け外しができる点です。
また、グルーより爪に優しく傷める心配はありません。

デメリットは衝撃に弱く、少し引っかけただけで外れる可能性がある点です。
また、水に弱くトイレで手を洗う時やお風呂に入る時、水仕事をする時などは取れてしまう可能性があります。

グルーのメリット・デメリット

グルーのメリットは、両面テープに比べ衝撃や水に強く引っかけても簡単に外れない点です。
デメリットとしては、外すときに手間や時間がかかる点と、一度装着してしまったら何度も使うことはできず、失敗が効かない点です。

粘着グミのメリット・デメリット

粘着グミのメリットは、両面テープより強い衝撃や水に強く接着強度が高い点です。
水に触れる機会が多い人や長時間の使用の際は粘着グミを試してみることをおすすめします。
また、柔らかいグミ状のため形を自由に変形でき隙間なく密着できます。

デメリットとしては、お湯でオフする必要があり、その後の爪を傷める可能性もあるのでケアが必要になります。
また、付ける際は爪の汚れや油分を拭き取る作業がいるため少し手間がかかります。

ネイルチップの付け方 ・外し方

ネイルチップ,付け方,外し方
(画像=JOERAより引用)

ネイルチップの付け方には3種類の方法がありそれぞれのメリット、デメリットがあるというのは分かっていただけたかと思います。
上手く貼れないという方や正しい貼り方が分からないと言う方のために、両面テープ、グルー、粘着グミを使ったネイルチップの付け方と外し方をご紹介したいと思います。
また、付けるネイルチップのサイズや形も自分のサイズに合ったものを選ぶことが重要になります。

必要なもの

準備するモノは、付けたいネイルチップ、両面テープ、グルー、粘着グミのいずれか、爪用のヤスリです。
外す際はお湯とオレンジウッドスティックが必要です。
グルーを外す際はリムーバーも必要になります。
準備物は全てダイソーなど100均で買うことができますよ。
ネイルチップは低価格で揃えることができるのも魅力の1つです。

下準備をする

ネイルチップ,付け方,外し方
(画像=JOERAより引用)

メイルチップを付ける際は下準備が必要になります。
ネイルチップを正しく装着し密着性を上げるためには、自爪を整えることが大切です。
長い爪より短い爪の方がピタッと密着するので、爪は短く切っておきましょう。
また、ハンドクリームなどの油分や汚れが付いているとはがれやすいので、石けんで手を洗い、爪を消毒用アルコールで拭いておきましょう。

そして、一番大事なのが、爪の形に合ったネイルチップを選ぶことが大切です。
自爪の横幅サイズとネイルチップの横幅サイズを合わせることできちんと密着させることができます。
もし、自分の爪のサイズとネイルチップのサイズが合わない場合は、大きめサイズを購入して爪ヤスリで微調整しておきましょう。
この一手間を加えることで、付け心地が良く外れにくくなり、プロ級の見た目に変わるので面倒くさがらずにやっておきましょう。

ネイルチップの付け方・外し方【両面テープ】

【付け方】
付ける際の準備するものは、ネイルチップ、両面テープ、ハサミです。
爪やネイルチップを整え終わったら、爪とネイルチップのサイズに合った両面テープをハサミでカットし自爪かネイルシールに貼り付けます。

注意することは、接着面を指で触らないように気をつけることと、装着時に空気が入ってしまわないようにして下さい。
貼り終えたら根元が合わさるように爪にネイルチップを乗せ、空気を抜きながら貼り合わせていきます。しっかりと押さえ爪に密着させます。

【外し方】
外す際の準備物は、お湯とウッドスティックです。
ボウルなどにお湯を溜め、チップを付けたまま数分間指を浸けます。
そうすることで、粘着がふやけていき粘着力が弱まります。
根元から指先の方へウッドスティック差し込めば簡単に外すことができます。
熱湯は火傷とネイルチップの変形につながりますので、ぬるま湯程度にしてくださいね。

ネイルチップの付け方・外し方【グルー】

ネイルチップ,付け方,外し方
(画像=JOERAより引用)

【付け方】
付ける際に準備するものは、ネイルチップ、グルーです。
爪やネイルチップを整え終わったら、爪にグルーを塗布します。
爪の形に合ったネイルチップを爪に置きしっかりと押さえます。
しっかり密着するまで待機したら完成です。

【外し方】
外す際に準備するものは、ネイルチップリムーバー、ウッドスティックです。
専用リムーバーを爪とチップの隙間に垂らし、1~2分ほど置いて馴染ませます。
密着していて外しにくい場合は爪の裏側から流し込むようにすると染みこみやすくなります。
1~2分ほど経って染みこんできたらウッドスティックを使ってチップを隙間から押し上げます。
接着剤が溶けていれば簡単に外れますが、溶けずに外れにくい場合は再度リムーバーを使って完全に溶かして下さい。
この時、無理矢理外してしまうと自爪が痛む原因になるのでしっかり溶かしましょう。
チップが完全に剥がれたらリムーバーで自爪についたグルーをコットンなどで拭き取ります。

ネイルチップの付け方・外し方【粘着グミ】

【付け方】
付ける際に必要な準備物は粘着グミ、ネイルチップ、ハサミです。
爪やネイルチップを整え終わったら、粘着グミをネイルチップに貼り合わせます。
チップからはみ出た粘着グミをハサミでカットしていきます。
フィルムを剥がし爪の根元からネイルチップを貼り合わせていきます。
軽く押さえつけ密着できたら完成です。

【外し方】
外す際に必要な準備物は、お湯とウッドスティックです。
溜めたお湯に指を1~2分付け粘着グミをふやかしていきます。
粘着グミが柔らかくなったらウッドスティックを使って根元から指先へ押し上げます。
爪に残った粘着グミは洗い流すと簡単に取れます。