2021年も残すところあと2週間となりました。年末年始忙しくなるのが、年賀状作成ですよね。特にビジネスシーンでの年賀状は、失敗できない重圧も大きいはず。そこで、今回は年末年始の挨拶をご紹介。年賀状での挨拶の書き方から、英語の例文まで完全解説します!

新年の挨拶で、上司の機嫌を損ねたら大問題!

年末年始の挨拶!メール・書き方例文・英語など完全解説!
(画像=『Lovely』より引用)

2021年は皆さんにとってどんな1年だったでしょうか?忙しく過ぎていった人も、充実した時間を有意義に使えた人も、今年を振り返って来年に想いを馳せる年末。そして1年の始まりに、新たなスタートを切るためにかかせないのが「新年の挨拶」ですよね。

特に仕事においては、ご贔屓筋やお客様などに引き続きご贔屓(ひいき)にしてもらうために欠かせません。ですが、新年の挨拶はマナーやルールを守らないと、それだけで仕事に支障をきたす可能性もあります。

そこで、新年の挨拶で失敗しないための書き方ノウハウをギュッと詰め込んでお伝えします!英語の例文も紹介するので、外国人宛に英語の文章で送りたい人も必見ですよ。

そもそも新年の挨拶の意味って何?

年末年始の挨拶!メール・書き方例文・英語など完全解説!
(画像=『Lovely』より引用)

英語で「HAPPY NEW YEAR」とも言われる新年の挨拶。そもそも新年の挨拶とは、なんのためにするのでしょうか。実用日本国語表現辞典を引いてみると、新年の挨拶とはその名の通り「一年の最初に述べ交わす挨拶」と記してあります。

挨拶の主な語群は、「あけましておめでとう」「謹賀新年」「賀正」「迎春」など多岐に渡ります。

なぜ新年が特別な挨拶を交わすほどおめでたいのか。正しい月と書いて「正月」と読むように、お正月は旧年への感謝をする月でもあります。そして何より、農作物などが豊かな実りである「豊穣」をもたらし、1年間その家を守ってくれる【歳神様】をお迎えする日なんです。

「新年あけましておめでとう」とは、歳神様を迎えたことに対する祝福と「芽出度い(めでたい)」とも表記する、新春を迎えて新しい芽が出ることに対するお祝いの言葉なのです。

【年末年始の挨拶~ビジネス編~】

年末年始の挨拶!メール・書き方例文・英語など完全解説!
(画像=『Lovely』より引用)

旧年の感謝や、新年も変わらずご贔屓にしてもらうための年賀状。ビジネスシーンでも大いに利用し、利益につなげることができるのが年末年始の挨拶です。

たとえ、慣例的なことだとしても、「どうこだわるか」で大いにビジネスに役立てることができます。礼儀正しく、新年の挨拶を伝えるための書き方をしっかりと身につけましょう!