学生や働く社会人にスケジュール帳は必要不可欠。新年から新しいスケジュール帳を使って心機一転するのはいかがですか?今回は2021年おすすめスケジュール帳と上手な使い方を紹介していきます。どんなおすすめのスケジュール帳があるのかチェックしていきましょう。

おすすめのスケジュール帳は必需品!

スケジュール帳おすすめブランド!上手な使い方も紹介!【2021最新】
(画像=『Lovely』より引用)

あなたは今、どんな手帳を使っているでしょうか。自分のお気に入りの手帳を持っていると、毎日のスケジュール管理が楽しくなるものです。

最近の手帳の使い方には、スケジュール管理以外にも、日記としての使い方をしている人や、家計簿の補助として使っている主婦もいるようです。

新年を迎えるにあたって心機一転、スケジュール帳を変えるのはいかがですか?今回は2021年から使えるおすすめのスケジュール帳と、スケジュール帳の上手な使い方を紹介させていただきます。あなたの使い方にぴったりのおすすめのスケジュール帳を探してみましょう

自分にあったおすすめのスケジュール帳を選ぼう!

スケジュール帳おすすめブランド!上手な使い方も紹介!【2021最新】
(画像=『Lovely』より引用)

自分のお気に入りのスケジュール帳をみつけるためには、どんなスケジュール帳があるのかを知っておくのも大切です。スケジュール帳のタイプは様々。自分に合ったタイプのスケジュール帳を購入しましょう。

まずは購入する前に、どんなスケジュール帳があるのかをロフトなどに見に行くのもおすすめです。

選び方:手帳のサイズ

スケジュール帳にはサイズが色々とありますが、「B5、B6、A4、A5、A6」の5つのサイズが主流となっています。

単行本サイズと言われているのが、「B5」「B6」サイズのスケジュール帳です。ちょっと予定を書き込みたい学生や、鞄の中に入れてもかさばらないビジネス用にぴったりです。

スケジュール帳にストレスなく書き込みをしたい方は「A4」「A5」サイズ、持ち運びはあまりせず大きめのスケジュール帳をお探しの方は「A6」サイズがおすすめです。

選び方:手帳のフォーマット

スケジュール帳には、フォーマットの種類があり、大きく分けると「マンスリー」「ウィークリー」「デイリー」の3タイプに分かれています。1ページにどれだけのスケジュールが書けるようになっているのかで、フォーマットが分かれています。

月間や週間は、見開きでその月やその週のスケジュールが管理できるようになっています。1日のものは1日1ページのタイプが多くあります。

カレンダーのようになっていて、月単位でスケジュール管理できるものを「月間マンスリータイプ」といいます。

週間のフォーマットで、左ページに日付、右ページにメモ欄があるものを「週間レフト」タイプ、見開きで一週間分の日にちと時間軸が描かれているものを「週間バーチャルタイプ」と呼ばれています。

日記やイラストなどを描け、1日単位でスケジュール管理するスケジュール帳を「デイリー」タイプといいます。

フォーマットは、見本で確認をすることができます。どのスケジュール帳が自分にとって使いやすいのかは、手にとって中を確認することも大切です。

選び方:手帳のスタート

スケジュール帳には、何月からスタートするのかという違いもあります。一般的には1月スタートのスケジュール帳が使いやすいかもしれません。学生や社会人であれば、新年度の4月スタートのスケジュール帳が使いやすいということもあります。

会社によっては9月決算などで、9月で区切りたいという人も多いでしょう。そういう場合は9月始まりのものもあります。年末年始は忙しくなるので、年末スタートのスケジュール帳を購入するという人もいるようです。