滋賀県米原市にある「青岸寺」。琵琶湖の東部、太尾山のふもとにある曹洞宗のお庭が有名なお寺ですが、ホームページやネットの口コミ・評判だけでは分からないところがありますよね。そこで青岸寺のご住職、永島匡宏さんに徹底取材しました。観光や参拝前にご確認ください。

どんなお寺ですか?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

青岸寺は滋賀県米原市の太尾山西麓にある曹洞宗のお寺です。

南北朝時代の延文期(1356年〜1361年)、バサラ大名として有名な佐々木京極道誉氏が戦に赴く前に立ち寄る祈願寺として創建した「米泉寺」が前身です。戦にて何度か消失と再興を繰り返し、1500年頃には完全に戦禍で焼失しております。

しかしご本尊様の「聖観世音菩薩坐像」だけは近くの民家にてお守りされ、1650年に彦根藩主の井伊直澄から援助を受けた曹洞宗大雲寺(現彦根市)の三世要津守三(ようしんしゅさん)和尚が入山し、再興されました。

1656年に寺号を新たに「青岸寺」と改め、今日に至っております。

なかでも青岸寺庭園は、1678年に青岸寺三世住持興欣和尚が彦根藩士の香取氏に依頼して作庭され、1934年に国指定名勝庭園に登録されております。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

また、青岸寺堂内には茶寮「喫茶去」があり、参拝者に珈琲や抹茶、ケーキや季節の甘味などを提供しています。名勝庭園を眺めながら珈琲を味わえるという、全国でも珍しい寺院です。

日々の喧騒から離れ、庭園とともに心安らぐひとときを満喫していただけるかと思いますよ。

お寺の見どころを教えてください。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

国指定名勝庭園の「青岸寺庭園」です。1687年に作庭された庭園で、様式は回遊式枯山水庭園です。

通常枯山水庭園では白砂などが用いられるのが一般的ですが、青岸寺では杉苔を使用して水の流れを表現し、深い緑が柔らかな雰囲気を生み出しているのが特徴ですね。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)
『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)
『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

太尾山を借景とした造りとなっているので、春夏秋冬、四季折々の風景が楽しめます。とくに6月初旬のさつきや秋の紅葉、冬の雪景色などはいっそう美しく鑑賞いただけますよ。

また、和洋折衷の寄せ燈籠や降り井戸形式の蹲、そして、あの伊藤博文とも交遊があった禅僧森田悟由禅師ゆかりの書院「六湛庵」も見どころの一つです。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

梅雨時期や多量の雨が降った後には、伏流水が染み出すことにより、枯山水庭園が池泉庭園に姿を変えます。江戸時代作庭の庭園では、全国でも極めて珍しい二面性持った庭園です。水底に青々とした苔が沈み、水面に反射する風景は、まさに格別の美しさです。

春夏秋冬、どの季節にいらしていただいても楽しめる庭園になっております。庭園情報はホームページ内の「お知らせ」でも紹介しておりますので、ぜひご参照ください。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

本尊の「聖観世音菩薩坐像」は県指定文化財に登録されており、聖観世音菩薩坐像の胎内には八寸ばかりの観音像が秘仏として納められています。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

近年はInstagramなどのSNSでフォトロケーションの場所として人気がありますね。

滋賀の穴場紅葉スポットとして取り上げられたり、最近では結婚式前撮りや成人式撮影などでもご利用していただいております。