「壁や家具に傷や汚れが付いてしまった・・・」「少し部屋の雰囲気を変えたいな」という経験がある人も多いのではないでしょうか? そんな時に役立つのがダイソーの壁紙
シート
です。
ダイソーでは柄や大きさ、質感も違った多種多様な壁紙シートがたくさん揃っています。
ダイソーの壁紙シートの裏面は強粘着シールや弱粘着タイプになっているものがあり、簡単に貼ったりはがすことができ、初心者でもすぐにリメイクできます。

今回は、ダイソーに売られている多種多様なリメイクシートをご紹介。
リメイクシートの貼り方、キッチンやトイレなどにも使える活用方法も解説していきたいと思います。ぜひ、参考にしてみて下さいね。

ダイソーの壁紙シート〈リメイクシート〉とは?

ダイソー,壁紙シート,リメイクシート
(画像=JOERAより引用)

壁紙シート(リメイクシート)とは、シートを貼るだけで簡単にお部屋をイメージチェンジすることができるアイテムです。
その中でも、ダイソーに売られているリメイクシートは、種類や材質も豊富で可愛いと話題になっています。

裏面はシールタイプで、壁や家具などの貼りたい場所にどこにでも貼れる仕様になっています。
サイズは、「30㎝×80㎝」、「45㎝×90㎝」と大・小の2種類あります。
貼りたい家具や壁に合わせて大きさを選ぶことができますよ。

ダイソーのおすすめリメイクシート5選

ダイソー,壁紙シート,リメイクシート
(画像=JOERAより引用)

ダイソーには、多種多様のリメイクシートが取り揃えられています。
柄や大きさ、素材も豊富にあるので、自分好みにカスタマイズすることが可能です。
色合いや質感が素敵で100円とは思えないほど高クオリティなのです。

貼るだけでアンティーク感や高級感、おしゃれ感を演出することができます。
そんなダイソーのリメイクシートは一体どんなものがあるのか、それぞれご紹介していきたいと思います。

レンガ柄リメイクシート

本物のレンガを壁に貼るよりはるかに簡単にレンガ調の壁を楽しめるのでおすすめです。
トリックアートのように立体感も出るのでシンプルなお部屋がガラリと一新しますよ。
また、同じレンガ柄でもダークやライト、アイボリーなど色合いが様々あるので、お部屋の雰囲気に合わせてチョイスしてみて下さいね。

クッションリメイクシート

通常のリメイクシートは薄いシール状のものがほとんどですが、クッションリメイクシートは厚みがあり、材質が柔らかくなっています。
立体感があるので、まるで本物のレンガや木を貼ったようになります。

ダイソーのクッションシートは、レンガ(黒)、木目調(ライトブラウン)、木目調(ホワイト)、レンガ(グレー)、レンガ(ホワイト)の全部で5種類あります。
厚みが1㎝とクッション性があるので、もしお子様が壁にぶつかっても衝撃を和らげてくれるメリットもありますよ。
サイズは「55㎝×19㎝」と通常の薄いリメイクシートよりも小さいので、大量に使いたい場合はたくさん購入する必要があります。

タイルのリメイクシート

ダイソー,壁紙シート,リメイクシート
(画像=JOERAより引用)

キッチンやトイレ、洗面台との相性抜群なのがタイルのリメイクシートです。
通常のタイルを貼ろうと思うと高度な技や道具なども必要になります。
しかし、このタイルのリメイクシートは本物のタイルのように光沢感が出るのでおすすめです。
白系のタイルだと汚れがちな水回りに清潔感も出ますし、可愛らしい水回りになることでしょう。
また、キッチンに貼ることで油のギトギト汚れや水ハネをカバーしてくれるので重宝しますよ。

大理石のリメイクシート

ホテルやデザイナーズマンションのように高級感を演出したいなら、大理石柄のリメイクシートがおすすめです。
大理石柄は黒系と白系の2種類販売されており、クールなイメージにしたいなら黒系を、清潔感のあるお部屋にしたいなら白系をチョイスしてみて下さい。
大理石柄は、大人っぽい洗練された空間に早変わりすることでしょう。

木目調のリメイクシート

お部屋に暖かみを出したいなら、木目調のリメイクシートがおすすめです。
木目調のリメイクシートは、ナチュラル系、ホワイト系、ダーク系、ブルー系と色合いが様々あるのでアンティークな雰囲気に一気に様変わりします
壁や家具だけでなく、キッチンの扉やお部屋の扉に貼ってみても違和感なくお部屋にマッチするので、ぜひ試してみて下さいね。