ハワイのローカルフードといえば、ポキ・ロコモコ・アサイボウル・パンケーキ・ガーリックシュリンプなど。 日本にも上陸している料理やそれを扱うお店も多いですね。 でも今回は、調理・味付けされた料理ではなく、その食材に注目して、ハワイで食べて欲しい「ハワイ産」をご紹介します!

食べられるの!?ヤシの木の新芽

ローカルの間で大人気!ハワイ産の意外な食材3選
(画像=『LaniLani』より引用)

南国に欠かせないヤシの木。 ハワイでもよく見かけますし、日本でも人気の観葉植物の1つです。 すらっと伸びたてっぺんの葉がワサワサしたヤシの木ですが、食べられるってご存知ですか?

ナツメヤシの実「デーツ」やココヤシの実「ココナッツ」など、その実を頂けるのは知っていましたが、ハワイではヤシの木の新芽を、サラダやお刺身、天ぷらとして食べられるお店がいくつかあります。 ヤシの芽の内側部分は「ハート・オブ・パーム」というお野菜とされていて、よく例えられるのがタケノコ。 タイや南米、スペイン、パナマなど比較的暑い地域で採れ、瓶詰めなどにされて売られているようです。 そんなヤシの木の新芽のお味。 確かにタケノコのようなシャキシャキした歯ごたえはありますが、もう少し柔らかいような。 味ももっと淡泊。 でも元がヤシだけあって、独特のまろやかな風味を感じます。 珍しい食材なので、ハワイを訪れた際はぜひ一度お試しあれ。

お刺身・フライ・ソテー、オールマイティーに味わうオノ!

ローカルの間で大人気!ハワイ産の意外な食材3選
(画像=『LaniLani』より引用)

「オノ」はハワイ語で「美味しい」という意味があるそうですが、マグロに次いで地元の人々に人気の魚の名前でもあります。 私達が知るところの、「カマスサワラ」

ハワイといえばアヒ・ポキ。 その「アヒ」は、キハダマグロ・メバチマグロのこと。 日本人の私達もマグロばかりに気持ちが向いてしまいますね。 けれど、日本人よりも淡泊な味を好むロコたちには、白身と赤身の中間ほどのこの「オノ」の方が口に合うのだそう。 サワラは日本同様一般的な食材なので、特別専門に取り扱うレストランがあるわけではなさそうですが、ハワイ島ノース・コハラにあるDa Fish House(ダ・フィッシュ・ハウス)という魚屋さんが出すプレートランチの、オノのフライは美味しかったと、ロコ友は言っていました!