兵庫県の播磨地域の方言である播州弁を一覧形式で紹介します。播州弁の特徴や語尾は?面白い・珍しい・かわいい告白する時の方言の言い方は?など例文付きで詳しく解説します。

関西弁一汚い方言、図々しい方言、あつかましい方言など、さんざんな言われ様の方言「弁集弁」ですが、なぜそのように言われてしまうのでしょうか。

今回の記事では播州弁の特徴、印象的といわれる語尾について具体的に解説します。

播州弁とは?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

播州弁とは、「播磨弁」「播磨方言」とも呼ばれる方言で、播磨地方で使われている方言。播磨地方とは、兵庫県南西部にある明石市、姫路市など、岡山県に近い地域です。このあたりで使われている言葉が播州弁と呼ばれています。

播州方言の特徴として「但馬弁」「岡山弁」、京都的な「丹波弁」、大阪的な「摂津弁」などに接しているといわれています。

兵庫県で使われている方言は「神戸弁」とこの「播州弁」になります。 兵庫県といえば関西弁という印象をもっている方も多いと思いますが、兵庫県の代表的な方言が播州弁といえるでしょう。

播州弁の境界は?岡山弁や大阪弁との違い

兵庫の方言は大きくわけると「播州弁」と「神戸弁」です。おっとり間延び系といわれる神戸弁と播州弁はまったく別物といえるほど特徴が違います。

播州弁は「西播方言」「東播方言」に分かれており、河川の流域で使い分けがされています。 詳しくみていきましょう。

西播方言が使われている範囲は以下になります。

損保川流域、千種川流域のたつの市、相生市、赤穂市、宍粟市、揖保郡(太子町)、赤穂郡(上郡町)、佐用郡(佐用町)です。

東播方言が使われている範囲は以下になります。 加古川流域、市川流域、夢前川流域です。

姫路市は、方言上では東播方言ですが、範囲的には西播方言の流域といわれています。

兵庫と岡山の県境の船坂峠が播州弁の西端のため、峠を越えてしまえば、そこでは中国方言に分類される岡山弁が使われています。

一部の播州弁と大阪弁が似ている理由として、東播の沿岸部の交通の影響があるといわれています。大阪方面の交通が発達しているため、大阪弁の影響があるようです。

播州弁の印象は日本一汚い?

播州弁は日本一汚い方言などといわれています。関西弁のなかでも一番厚かましい感じがする、ガラ悪い、きつい、恐いなどとさんざんな言われ様の播州弁ですが、なぜなのでしょうか。

播州弁の特徴に要因があるようで、「濁音が多い言葉」「語尾やアクセントが強い」などの点が影響しているようです。濁音はどうしても口調が強くなりますし、語尾やアクセントになまりがあり、強めに発音するためか、自然と威圧的な口調になってしまうのが原因でしょう。

「ら」抜きの言葉が多いのも、独特の発音になりますので、ガラが悪い印象と捉えられてしまうのかもしれません。

あくまで播州方言の言葉、発音、イントネーション、アクセントの特徴です。播州弁を使う薩摩地方がガラ悪いわけではありません。播州弁についてもう少し詳しく解説します。

播州弁の語尾やアクセントの特徴

播州弁にはいくつかの大きな特徴があります。

まず、播州弁のフレーズ、語彙には濁音が多いことが挙げられます。濁音を発音する際には自然と力がこもり、どすが効いた口調のようになりやすいため、播州弁は「汚い」「恐い」といわれる大きな理由につながっているのかもしれません。

さらには、播州弁はイントネーションになまりがあり、語尾に力が入る発音・アクセントのため、言葉がよりきつく聞こえやすいのでしょう。

「ら」抜きの言葉も多く、例えば「食べられる」は「食べれる」と表現します。「ら」抜き言葉は日本語を乱す、などといわれることがありますが、播州弁では「ら」抜き言葉が一般的なのです。

播州弁のアクセントは京阪(けいはん)型(京阪式)。京阪型(京阪式)のアクセントは京都市、大阪市、近畿地方、四国地方などで使われている第一種アクセントです。

べっちょないは播州弁?

「べっちょない」という方言を聞いたことがありますか?べっちょないは比較的有名な播州弁として知られています。

ちなみに、べっちょないとは「問題ない」「大丈夫」などの意味をもつ播州弁です。語源として「別条ない」がなまった言葉ではないかといわれています。

べっちょないのみならず、播州弁には独特の方言があります。「だぼ(馬鹿・アホ)」「ごうわく(腹立つ・むかつく)」「わや(おかしい)」「てってって(連れてって)」「~さす(させる)」「~け(ですか)」など、印象的で特徴的な方言が多数あります。

播州弁の語彙・フレーズ・語尾の特徴から、日本一押しが強い方言ともいわれています。