東京都の方言である東京弁を一覧形式で紹介します。東京都の方言の特徴や語尾は?面白い・かっこいい・告白する時の方言の言い方は?など例文付きで詳しく解説します。

「東京弁」と聞いて、どのようなイメージをもっていますか?「東京弁は標準語じゃないの?」「東京に方言なんてあるの?」と感じる人も多いですよね。

実は東京にも、東京弁と呼ばれる方言があるのです。どのような方言、特徴などがあるのか、今回の記事では東京弁について詳しく解説します。

東京弁の意味とは?標準語は勘違い?

東京弁とは字のごとく、東京の方言のことです。東京弁=標準語と思っている方も多いのですが、東京弁は大きく分けると二種類あります。

現在、標準語として使われているのは二種類のうち、「山の手弁」と呼ばれるほうの方言なのです。東京弁は「山の手弁」と「江戸弁」に分かれています。もう少し具体的に解説してみましょう。

山の手弁とは、明治維新後に作られた比較的、歴史の浅い言葉です。標準語は山の手言葉を基にして作られています。ですので、山の手弁がそのまま標準語というわけではありません。

東京方言の種類

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

東京弁は大きく「江戸弁」と「山の手弁」に分けられます。現在、標準語や共通語と呼ばれているのは、「山の手弁」のほうに近い、ということは先ほど説明した通りになります。

実は東京弁はさらに細かく分類することができます。 「江戸弁(江戸言葉)」「山の手弁(山の手言葉)」のほかにも、「多摩弁」「八丈方言」「小笠原方言」「北部伊豆諸島方言」などがあります。

多摩弁、八丈方言、小笠原方言、北部伊豆諸島方言はすべて「江戸弁」のほうに分類されます。中流階級で使われてきた「山の手弁」とそれ以外の「江戸弁」といわれるのです。それぞれがすべて「東京方言」と呼ばれています。

ちなみに「東京弁はきつい印象」「東京弁は気持ち悪い」といわれることがありますが、「~ざます」など、上流階級のような気取った言葉遣いが「きつい」「気持ち悪い」と感じられる人もいるようです。

東京弁の語尾やアクセントの特徴

東京弁(東京方言)でも、「山の手弁(山の手言葉)」のほうは、テレビでアナウンサーが喋っている言葉、語尾、アクセント、イントネーションだと思ってください。クセは少ないといえます。

東京弁(東京方言)でも、「江戸弁」のほうには非常に強いクセがあります。

江戸言葉のべらんめえ口調は、やや乱暴に思える語尾が有名です。江戸弁はイントネーション、アクセント、発音などに特徴的なクセがあります。

有名なのは、「ヒ」を「シ」と発音することでしょう。江戸っ子は「ヒ」が言えないで、「シ」になってしまうというのはよく知られています。

例えば「ひとり」といえず、「しとり」という発音になります。語尾が「エー」になるのも東京弁(江戸弁)の特徴です。「早い」は「はええ」、「やりたい」は「やりてえ」、「眠たい」は「眠てえ」などになります。語尾は「エー」と伸ばします。