江戸時代の方言である江戸弁を一覧形式で紹介します。江戸弁の方言の特徴や語尾は?べらんめえ口調は江戸言葉?面白い・かっこいい方言の言い方は?など例文付きで詳しく解説します。

「江戸弁」とはどのような言葉なのか、ぱっと思い浮かぶ江戸弁はありますか?江戸時代に全国から集まった商人に使われた話し言葉といわれている江戸弁。粋でいなせな方言といわれる江戸言葉には、具体的にどのような特徴があるのでしょうか。

イントネーションやアクセント、江戸弁のあいさつなど、江戸言葉、江戸弁について具体的に解説していきます。

江戸弁とは?べらんめえ口調?

江戸弁(えどべん)とは、かつての江戸(東京の中心部)で使われていた日本語の方言です。

べらんめえ口調という言葉を聞いたことがありますか?江戸弁はべらんめえ口調といわれていますが、具体的にどのようなものなのでしょうか。

べらんめえ口調とは、主に江戸の町の職人たちに使われてきた言葉であり、「荒々しい」「雄々しい」「豪胆」「怖い」「ぶっきらぼう」「乱暴」など、さまざまな印象をもたれる方言といえます。

人情を大切にしてきた江戸の職人たちですから、少し荒々しい印象の江戸弁の奥には、実は温かみ、深みがあるのが特徴といえるでしょう。一見すると不愛想だけど、実は優しい。江戸弁にはそんなギャップがあります。上手に使いこなせば、江戸っ子のように粋でいなせな印象を与えられるかもしれません。

江戸弁の種類についてさらに詳しく解説していきます。

江戸弁の種類はある?

「江戸弁」とは、江戸時代に使われた言葉……と勘違いされやすいですが、実は違います。武士や殿様など、階級が高い人々は江戸弁を使っていません。格式の高い人が使う言葉ではなく、下町の人々が使っていたのが江戸言葉であり、江戸弁と呼ばれる方言になります。

江戸弁はおもに、東京都中心部で使われていました。べらんめえ口調は、全国から集まってきた商人たちに使われてきた言葉という説と、商人たちは使わずに、職人気質の人々に使われてきた言葉という両説あるようです。

ともかく、江戸弁は全国から持ち寄られた言葉が混ざり合ってできた方言といわれていますので、地方の方言、訛りなどの影響もあり、独特な方言といわれています。

江戸弁は現在も使われている?

江戸弁・江戸言葉を愛する人を除き、今ではほとんど使われなくなってきた方言といえます。江戸っ子はかつて東京に愛着をもち、江戸っ子であることに誇りをもっていました。

比較的近年まで、江戸弁・江戸言葉は守られてきましたが、高度経済成長期、バブルの時代を経て、若年人口が都心を離れたことで、高齢化が進み、江戸弁・江戸言葉に愛着をもち、使う人々が減りました。若者はいわゆる標準語を使うことが多くなり、江戸弁・江戸言葉の後継者は減少したといわれています。

とはいえ、先述した通り、江戸弁・江戸言葉を愛してやまない人々、江戸文化に強い愛着をもち続ける人々がいます。江戸弁・江戸言葉に誇りを抱く人々が今も守り抜いている方言ともいえます。

江戸弁の語尾やアクセントの特徴

江戸弁のイントネーションは、共通語とほぼ変わりません。ただ、全国から持ち寄られた方言の特色が色濃く残っている江戸言葉もあるので、そのような言葉はイントネーションにクセがあります。

江戸弁のアクセントは、「中輪東京式アクセント」と呼ばれるものです。言葉の頭部分にアクセントがつくといわれています。

「ヒ」を「シ」と発音するのが江戸弁の大きな特徴で、「暇(ひま)」が「しま」になったり、「東(ひがし)」が「しがし」、「質屋(しちや)」が「ひちや」、「紐(ひも)」が「しも」になったりします。なぜか、「広島(ひろしま)」だけは「ひろしま」と発音できるようです。

ほかにも、語尾に「イ」がつく言葉は「エー」と発音するのも江戸弁・江戸言葉の特徴です。「痛い」なら「いてえ」、「飲みたい」なら「飲みてえ」となります。