冬は足が蒸れやすく、雑菌の繁殖などによってニオイが発生しやすい季節です。気になる足のニオイは、適切なフットケアや履物のケアを行うことで予防できます。本記事では足のニオイの原因や対処法、精油を使ったニオイの予防法などを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

冬は足が臭くなりやすいって本当?

足が臭う原因と対処法。おすすめ精油で始める癒しのフットケア
(画像=『Lovely』より引用)

冬場になると、足のニオイを強く感じたことはありませんか?冬は空気が乾燥している時期ですが、実は足のニオイが発生しやすい季節です。まずは、冬に足のニオイが強くなりやすい要因について解説していきます。

冬の足元は蒸れやすい

冬は、防寒やおしゃれでタイツや厚手の靴下、ブーツなど通気性の悪いものを履くため足が蒸れやすくなります。さらに、夏と比較すると冬は乾燥しやすいので、足の角質が厚くなりやすく、古い角質がたまることでニオイが発生するリスクを高めてしまうのです。特に電車に乗ると、足元の暖房によってニオイが増幅してしまうので注意が必要です。

不安でさらにニオイが強くなる恐れも

冬場の足のニオイを気にしすぎることで、さらにニオイが強まる可能性もあります。精神性発汗といって、ニオイに対する不安や緊張から、汗をかいてしまうことがあるためです。足元のセルフケアやニオイの予防をしておくことは、精神的発汗の予防にもつながります。不安を取り除くためにも、毎日のフットケアを取り入れてみてはいかがでしょうか。

足が臭くなる3つの原因

足が臭う原因と対処法。おすすめ精油で始める癒しのフットケア
(画像=『Lovely』より引用)

足が臭くなる根本的な原因は、主に3つあります。ここからは、足のニオイの原因を種類別にチェックしていきましょう。

1.雑菌の増殖によるもの

足のニオイの原因として最も多いのは、雑菌の増殖です。汗をかく時、皮膚の常在菌は汗と皮脂の成分を分解しようと働きかけます。汗と皮脂の分解時に「イソ吉草酸(いそきちそうさん)」と呼ばれる成分が発生。これがニオイの元となっているのです。

足に「イソ吉草酸」が発生しやすい理由としては、足は汗をかきやすいこと、靴下や靴などの履物で高温多湿の状態が続くこと、また雑菌の餌となる垢や皮脂が多いことなどが考えられます。足は体の中でも雑菌にとって住みやすい環境と言えるパーツです。雑菌を繁殖させないためには、予防やフットケアが欠かせません。

2.疲労やストレスによるもの

ニオイの種類には、疲労臭と呼ばれるものもあります。疲労やストレスが蓄積すると、肝臓や腎臓の機能が低下。その結果、本来は尿として排出されるはずのアンモニアが血液に溜まり、全身を巡ります。血中のアンモニアが汗をかいた時に一緒に排出されることで、ニオイを発生させてしまうのです。特に立ち仕事などで血行が悪くなると、老廃物が溜まりやすく疲労臭が発生しやすいので注意しましょう。

3.疾患によるもの

多汗症、糖尿病、内臓疾患なども、ニオイが強くなりやすい原因の一つです。大量の汗をかく多汗症の場合は、汗によって雑菌が繁殖しやすい状態に。また、糖尿病や内臓疾患で免疫力が下がっていると、足の雑菌も繁殖しやすくなります。足のニオイは体のコンディションとも深く結びついているため、なかなか改善しない場合は疾患の可能性があるかもしれません。