あなたは「ノンセクシャル」というセクシャリティを知っているでしょうか。ノンセクシャルの人と聞くと、どんな人だというイメージがありますか?ノンセクシャルと聞いて、冷たい人だと勘違いをする人もいるようです。今回はノンセクシャルについてまとめていきます。

ノンセクシャルとは?

人には恋愛観があります。誰かに教えてもらったわけではありませんが、社会の風潮として年頃になると恋愛をして、結婚をすることが普通だと考えれていますよね。

しかし世の中にはそんな人ばかりではありません。これからノンセクシャルの人についてまとめていきますが、ノンセクシャルの人が特別な人だということが書きたいわけではありません。イロイロな恋愛観のある中のひとつに、ノンセクシャルという考え方があるのだと思っていただければ幸いです。

ノンセクシャルとは?アセクシャルとの違いは何?
(画像=『Lovely』より引用)

ノンセクシャルというのは、自分以外の誰かのことを好きになっても、性的欲求は持たない特徴の人を言います。男女で出会い、好きになったとしても、一緒に出掛けるというところ以上のイメージができないのです。

性的欲求の心理がないということから非性愛と呼ばれることもあります。

しかしノンセクシャルの特徴がある男女のなかでも心理的な違いがあるので、必ずこうだというルールがあるわけではありません。

ノンセクシャルとは?アセクシャルとの違いは何?
(画像=『Lovely』より引用)

ノンセクシャルとアセクシャルの違いは?

ノンセクシャルの心理と間違われやすいものにアセクシャルがあります。

アセクシャルは、無性愛とも呼ばれています。ノンセクシャルの非性愛と似ていますよね。しかしアセクシャルの場合は、性的な欲求の心理がないだけではなく、恋愛感情も抱かないというのが大きな特徴になります。

ノンセクシャルとは?アセクシャルとの違いは何?
(画像=『Lovely』より引用)

ノンセクシャルの場合は、男女で出会い恋愛をすることができますが、体の関係になることが少ない特徴があります。アセクシャルの場合は、男女で出会いがあったとしても、友達以上の関係になることが難しいという特徴になります。

ノンセクシャルに近いものに、性嫌悪障害というものもあります。これは精神疾患のひとつで、性的行為に関して強い嫌悪感を抱くという心理状態になります。

ノンセクシャルとは?アセクシャルとの違いは何?
(画像=『Lovely』より引用)

ノンセクシャルとアロマンティックの違いは?

ノンセクシャルと間違われやすいものには、アロマンティックという特徴もあります。アロマンティックは、性的欲求はあるけれど、恋愛感情を持っていない人のことを言います。

つまり男女で出会いがあったとしても友達以上になることはないけれど、体の関係には興味があるという心理になるということになります。

恋愛感情については、全くない人もいれば、友達よりは好きになるという人もいるので、こちらも人それぞれになってきます。

ノンセクシャルとは?アセクシャルとの違いは何?
(画像=『Lovely』より引用)

ただしアロマンティックの人は、恋愛感情の心理を抱かないだけで、人に冷たいというわけではありません。

友情や家族愛はしっかりと感じることができます。男女の異性に対して恋愛感情の心理がないわけではなく、同性であっても恋愛感情の心理にはならないのです。

ノンセクシャルとは?アセクシャルとの違いは何?
(画像=『Lovely』より引用)

ノンセクシャルだと勘違いしてしまうトラウマ

自分がノンセクシャルなのではないかと勘違いをしてしまうものには、トラウマがあります。これは性嫌悪障害に近いものでもあります。

女性の場合は通勤や通学で痴漢にあった経験がある人などに、起こりやすいトラウマだと言われています。思春期の時期に、男性に性的な対象とみられたことで「男性は女性を性的対象としか見ていない」というようなトラウマができてしまうのです。

ノンセクシャルとは?アセクシャルとの違いは何?
(画像=『Lovely』より引用)

そのために、男女で出会い恋をして、手を繋いで、体の関係になるという段階に進んでいくという自然な流れも、「やっぱり男性は、女性を性的対象としてしか見ていないのではないか」というトラウマの心理から、性的欲求が生まれなくなってしまうのです。

痴漢などのトラウマによって、性的欲求がわかない場合や、性行為に嫌悪感があるという人は心の問題になってくるので、セラピーに通うことで治すこともできます。

ノンセクシャルとは?アセクシャルとの違いは何?
(画像= unsplash.com/photos/zQdRQt6T_NU、『Lovely』より引用)