冷静沈着な人には、どんなイメージを持っているでしょうか。カッコいいイメージでしょうか。怖いイメージでしょうか。今回は冷静沈着な人の心理や特徴を厳選して紹介します。仕事の時などに使える、冷静になる方法も解説させていただきます。ぜひ参考にしてみてください。

【はじめに】冷静沈着とは

冷静沈着な人って、男性でも女性でもカッコいいですよね。
それとも、怖い人のイメージがありますか?
「冷静沈着」というのは、「沈着冷静」とも言うそうです。
落ち着いていて、物事に動じない様子のことなのだそうです。
冷静沈着は四文字熟語で、「冷静」と「沈着」、2つの言葉からできています。
「冷静」は理性的で落ち着いていることを意味します。
「沈着」は、落ち着いていて、驚かないことを意味します。
冷静も沈着も、落ち着いているという意味があるのですね。

冷静沈着な人の心理や特徴21選!冷静になる方法も解説!
(画像=『Lovely』より引用)

冷静沈着な人は、勝手なイメージでA型の人が多そうです。
でも、実際は血液型は全く関係がないそうです。
冷静沈着だと言われる人は、その考え方やたたずまいからそう言われるようです。
では、実際にどのような特徴があるのかをご紹介します。

冷静沈着な人の心理や特徴21選!冷静になる方法も解説!
(画像=『Lovely』より引用)

冷静沈着な人の心理や特徴!①判断力がある

冷静沈着な人の特徴は、判断力があることです。
優柔不断な性格の人とは逆の性格ですね。
仕事上や、普段の生活でもその判断力を活かしているので、冷静沈着だと思われれるのでしょう。
あれこれと考えないのは、自分のことを客観的にみれる心理を持っているからだと思います。

冷静沈着な人の心理や特徴21選!冷静になる方法も解説!
(画像=『Lovely』より引用)

たとえばTシャツを買いにお店に行ったとします。
1枚でいいのですが、好きなデザインが2枚あったとしたらどうするでしょうか。
優柔不断な性格の人であれば、どうしようかと永遠と悩んでいるかもしれません。
冷静沈着な人であれば、1枚しか必要がないのだから1枚でいい、とすぐに判断できます。
もしくは先のことを考えて、またお店にくるより今購入すべきだと判断して、もう1枚購入するかもしれません。

冷静沈着な人の心理や特徴21選!冷静になる方法も解説!
(画像=『Lovely』より引用)

冷静になる方法は色々とありますが、買い物なのでどちらかを選択しなくてはいけない場合に冷静になりたい時は、一度その商品を手から離すことです。
ずっと持っていると、その事しか考えることができなくなることがあります。
一度商品から離れて、本当に購入すべきかどうかを考えてみてください。
そうすることで、かなり冷静に判断をすることができるはずです。

冷静沈着な人の心理や特徴21選!冷静になる方法も解説!
(画像=『Lovely』より引用)

冷静沈着な人の心理や特徴!②自信を持っている

冷静沈着な人の特徴は、自分に自信を持っていることです。
人生経験や、これまで勉強してきたことへの自信だと思います。
冷静沈着な人は、自分の失敗もしっかりと受け止めて、客観的に失敗した理由を考えることができます。
そのために、同じ失敗はしないようになります。
そうすることで、徐々に成功していき、自信につながっているのです。

冷静沈着な人の心理や特徴21選!冷静になる方法も解説!
(画像=『Lovely』より引用)

例えば、テストで間違えてしまった問題があったとします。
もちろん多くの人は、どうして間違えたかを考えますよね。
めんどくさがりの性格の人であれば、もしかしたら間違えたままにしてしまうかもしれませんね。
冷静沈着な人は、その作業をめんどくさがらずにできるのです。
そして、同じ問題が出た時には解けるようになっているため自信につながっていくのです。

冷静沈着な人の心理や特徴21選!冷静になる方法も解説!
(画像=『Lovely』より引用)

自信を持つために冷静になる方法は、冷静になれる努力をすることが必要です。
事前に自分が、どれだけ努力をしてきたか、ということがとても大切なのです。
「これだけやってきたのだから大丈夫だ」という自信が、冷静な心理につながるのです。

冷静沈着な人の心理や特徴21選!冷静になる方法も解説!
(画像=『Lovely』より引用)

冷静沈着な人の心理や特徴!③行動する前に考える

冷静沈着な人の特徴は、行動する前に考えることができることです。
行動しながら考える、せっかちな性格の人もいますよね。
冷静沈着な人は、大切な場面であればあるほど、しっかりと考えてから行動に移します。

冷静沈着な人の心理や特徴21選!冷静になる方法も解説!
(画像=『Lovely』より引用)

例えば、仕事のプロジェクトを任された場合を考えてみましょう。
何人のスタッフで、どんなプロセスでアプローチする必要があるのかを最初に考えておくのと、考えておかないのとでは、仕事の進み具合が変わってきます。
都度必要なスタッフを入れていくという方法もあるかもしれませんが、新しいスタッフを入れるたびに、プロセスをいちいち説明しなくてはいけません。

あらかじめ人数を予測して入れておけば、プロセスの説明は1回で済みます。
その分、作業の効率はぐんと上がるはずです。
また、プロジェクトの途中で何かトラブルが起こった場合でも、しっかりとプロセスを考えておいたのであれば、修正はそれほど難しいものではありません。
先が決まっていない状態で進めていたのであれば、どこをどう修正したらいいのかを探す所からトラブルの解決にあたらなくてはいけません。
そこでまた、無駄な時間を費やしてしまうのです。

冷静沈着な人の心理や特徴21選!冷静になる方法も解説!
(画像=『Lovely』より引用)

こんな時に冷静になる方法は、心に余裕を持つことです。
与えられた仕事が大きければ大きいほど、つい結果を焦ってしまうものです。
しかし、土台がしっかりとしていないものは、結局壊れるのも早いものです。
急がば回れということわざもありますが、まずは土台をしっかりつくるところから始めましょう。

冷静沈着な人の心理や特徴21選!冷静になる方法も解説!
(画像=『Lovely』より引用)