エッセイスト・犬山紙子×臨床心理士・三瓶真理子の
モヤ女カウンセリング

職場の人間関係や仕事のトラブル、パートナーとの共働き生活や子育てのこと……。働く女性の悩みや不安をイラストエッセイストの犬山紙子さんと、臨床心理士・三瓶真理子さんがカウンセリング! モヤモヤ解消のヒントをお届けします。

今回のカウンセリングテーマは、共働き夫婦の間で生じる問題です。

「パートナーと価値観が合わない」「最近すれ違っている気がする……」そんなモヤモヤを感じている女性たちのお悩みが二人の元に届きました。

【今回のモヤ女さんたち】

著者名

Aさん

育った家庭環境のせいか、『家事育児は男の仕事ではない』という考えが染みついている様子が夫から伝わってきてイヤ!

著者名

Bさん

料理や掃除・洗濯などは便利な家電や代行サービスを利用したいけど、夫にとってそれは『無駄遣い』に感じるみたい。価値観の違いがしんどいです。

著者名

Cさん

年齢的にそろそろ子どもを持ちたいと思っているけど、夫は『まだいらない』の一点張り。お互いの主張が平行線で話し合いが思うように進みません。

※Woman type読者、犬山さんのSNSフォロワーへのアンケートより編集の上抜粋

パートナーにモヤついたら、まずは「察し待ち」をやめてみる

著者名

犬山

モヤ女さんたちの声を見ると、家事や育児に関するお悩みが目立ちますね。「家事分担に偏りがある」という声は、私もコラムや書籍の取材を通じてよく聞きます。

著者名

三瓶

私も、同様の相談を受けることが多いですね。

また、家事分担の不公平感などで悩みを抱えている夫婦からよくお聞きするのが「察してほしいと思っている女性」と「言われたことしかやらない男性」という構図です。

著者名

犬山

そのパターン、あるあるですよね!

思うに、「察してほしい」の背景には「見ていてしてほしい」っていう思いがある気がするんです。

会社の仕事みたいに数字で評価が出ないから、せめてパートナーにはきちんと認めてもらいたいし、一緒にやっていきたいんじゃないかなって。

著者名

三瓶

家事や育児は「家庭のタスク」ですから、パートナーに頑張りを認めてほしいと思うのはごく自然なことだと思います。

著者名

犬山

でも、やってほしいことがあるなら相手にきちんと伝える必要がありますよね。伝えること自体にハードルを感じる方も多いと思いますが。

著者名

三瓶

そうですね。普段、相手の気持ちを察することを大事にしている人は、「相手もこちらの気持ちを察してくれるはずだ」と無意識に思い込んでいるかもしれません。

著者名

三瓶

しかも、「不満を伝えると相手を不愉快にさせてしまうのでは?」という思いから、つい我慢してしまう人も多いようです。

でも多くの場合、我慢はそう長くはもたず、どこかでひずみが出てきます。

察してほしい妻に指示待ち夫…パートナーとのすれ違い、どう解消する?【犬山紙子×三瓶真理子】
(画像=『Woman type』より引用)
著者名

犬山

あー、取材でもそのケースがよくありました。気を使って我慢した結果、突然爆発しちゃうんですよね。

著者名

三瓶

ですが、察することが苦手な人もたくさんいますよね。

それは悪意があるわけでも愛情不足なわけでもない。ただ単に「視野に入っていないだけ」というケースが、実はとても多いんです。

著者名

犬山

確かに! 我慢の限界に達して爆発した相手を見て、初めて「え、怒ってたの?」みたいな反応を示すケースも取材の中で実際ありました。

こちらとしては「分かるでしょ?」って思っちゃうけど、本当に分かっていないだけなんですね。

著者名

三瓶

そう。だからこそ、パートナーときちんと話し合いの場を持つことが大切ですね。