何度も繰り返すニキビやニキビ跡に悩んでいませんか。
ニキビやニキビ跡あると、顔に自信がもてなくなったり、他の人からの視線が気になったり。

この記事では、ニキビ跡のタイプ別の治療方法やニキビをつくらないためのケア方法を紹介します。
最高の笑顔で過ごせるように、ニキビ跡を攻略しましょう。

ニキビ跡にも種類がある!

ニキビ跡を自力で治す方法
(画像=JOERAより引用)

ニキビ跡には、3つのタイプがあります。
自分のニキビ跡は、どのタイプに当てはまるのか確認しましょう。

赤みのあるニキビ跡タイプ

ニキビそのものは治っているものの、炎症が跡として残っている状態。
6ヵ月~1年以上経っても赤みが消えない場合は、ニキビによりダメージを受けたことで肌表面が薄くなってしまったと考えられます。
その結果、皮膚下の血管が透けて赤く目立ってしまいます。

茶色い色素沈着タイプ

茶色いシミのような見た目のニキビ跡タイプ。
このタイプのニキビ跡は、メラニンという物質と関係しています。
そもそもメラニンとは、肌や毛髪、瞳の色を決める色素のことです。
ニキビによる炎症が長引くことで、肌を守ろうとする役割をもつメラニンが生成されます。
メラニンが生成されるとニキビの赤みは茶色くなり、そのまま色素沈着してしまいます。

クレータータイプ

化膿したニキビは、ひどい炎症により皮膚の真皮層を破壊してしまいます。
真皮が修復できたところと、できなかったところの差がクレーターです。
また、ニキビを触りすぎたり、つぶしたりすることもクレーターの原因の一つ。
クレーターの状態になると、元の肌状態に回復させるのが極めて難しくなります。

色素沈着のニキビ跡を自力で治す方法

ニキビ跡を自力で治す方法
(画像=JOERAより引用)

3つのニキビ跡タイプのうち、赤みのあるニキビ跡タイプと茶色い色素沈着タイプは、比較的自力で改善しやすいです。
ここでは、この2つのタイプの治療方法を紹介します。

赤いニキビ跡に適したセルフケア

ニキビ跡を自力で治す方法
(画像=JOERAより引用)

まずはニキビ跡ケアの基本として、毎日の紫外線対策が重要です。
日焼けが原因で肌の炎症が起こり、色素沈着を起こす原因になることも。
季節に関係なく、大切な肌を紫外線から守るために日焼け止めを塗りましょう。

次に、赤みを抑えるために効果的なスキンケアを紹介します。
赤いニキビ跡の改善には、炎症を抑えるものが有効です。
赤みのあるニキビ跡タイプにおすすめの有効成分は以下の3つです。

・グリチルリチン酸ジカリウム
・アズレン
・アラントイン

赤みのあるニキビ跡に悩む人は、スキンケアを購入する際、裏の成分表記に注目して有効成分が含まれるものを選びましょう。
また、赤みのあるニキビ跡には、炎症を抑えるニキビケアコンシーラーもおすすめ。
ニキビ跡をカバーしながら、炎症を抑える効果が期待できます。

茶色い色素沈着のニキビ跡に適したセルフケア

ニキビ跡を自力で治す方法
(画像=JOERAより引用)

茶色い色素沈着のニキビ跡の改善には、美白効果のあるスキンケアがおすすめ。

おすすめの有効成分は以下の3つです。
・ビタミンC誘導体
・トラネキサム酸
・ナイアシンアミド

この中でも特に有効だとされるのがビタミンCです。
ビタミンCには、メラニンの生成を抑制する働きや、肌のターンオーバーを正常に戻す効果があります。
外からのスキンケアだけでなく、食事など内からのビタミンCの摂取も重要。
ビタミンCを十分に摂取できないという人は、サプリを利用するのもおすすめです。

赤みや色素沈着を伴うニキビ跡のクリニック治療

ニキビ跡を自力で治す方法
(画像=JOERAより引用)

ケミカルピーリング
古くなった皮膚をはがして取り除き、新しい皮膚へと生まれ変わらせる治療。
ニキビ跡の赤みや色素沈着に効果が期待できます。

イオン導入
浸透性の低い水溶性の成分に微弱電流を流してイオン化することにより、皮膚の深部まで浸透させる治療。
ニキビ跡の改善にはビタミンCを配合した美容液が使われます。

レーザー治療
レーザーを皮膚に照射し、赤みや色素沈着を薄くする治療。
ニキビ跡のある場所にピンポイントで照射できるので高い効果を期待できます。

クレーターのニキビ跡を自力で治す方法

ニキビ跡を自力で治す方法
(画像=JOERAより引用)

クレーターになってしまったニキビ跡。
この状態になると、セルフケアのみでは治せません。
ニキビができたときから、クレーターにしないようにケアすることが大切です

ここでは、クレーターになってしまったニキビ跡を自力で可能な限りケアする方法、またクリニックで治す方法を解説します。
クレーターになってもあきらめないで、治療を続けることが大切です。

クレーターのニキビ跡に適したセルフケア

ニキビ跡を自力で治す方法
(画像=JOERAより引用)

クレーターになったニキビ跡は、角質ケアで肌の代謝を促しましょう。
肌の真皮層が傷ついているため、セルフケアのみでの改善は難しいです。
凹みが浅ければ、セルフケアでも効果を発揮するので、古い角質を除去して肌のターンオーバーを促す効果のあるスキンケアを取り入れましょう。

ピーリング効果を期待できる成分
・BHA(サリチル酸):ピーリング効果が高い成分
・AHA(グリコール酸、乳酸、クエン酸など):BHAより穏やかなピーリング効果
・PHA(グルコノラクトン、ラクトビオン酸など):AHAより穏やかなピーリング効果

ピーリング効果が高いほど肌への負担や刺激は大きくなるので、必ず保湿力の高いアイテムと合わせて使うようにしましょう。
商品の適量目安を守り、肌への摩擦を軽減するようにしてください。

クレーターのニキビ跡のクリニック治療

ニキビ跡を自力で治す方法
(画像=JOERAより引用)

マドンナリフト
肌に微小な炭酸ガスレーザーを点状に照射し、点状の穴をあけながら適度な熱作用を与えることにより皮膚の入れ替えを目的とした治療。
皮膚が収縮しコラーゲンの生成を促し、肌をなめらかに再生する効果が期待できます。

ダーマペン
肌に針で無数の穴をあけることで、肌の自己再生作用を高める治療。
肌が修復される過程で、真皮でのコラーゲン生成が促されクレーターの凹みを改善します。