たとえ自分が望んで就いた職業でも、時には意に介さない業務や役割をやらざるを得ない場面はある。「これをやって何の役に立つんだろう」「なぜやらなきゃいけないんだろう」と不満を感じることもあるだろう。

ryuchellさんも、かつてはそんなモヤモヤを抱えていた一人。

原宿の読者モデルからバラエティー番組で一躍人気者になった10代の頃の自分を、ryuchellさんはこう振り返る。

著者名

ryuchellさん

若くしてテレビにたくさん出て「夢をかなえてすごいね」ってよく人から言われたんですけど、僕の夢は「テレビに出ること」ではなくて、他にあったんですよ。

だから、みんななんで勝手に決めつけるんだろうって思ってました。

しかし、そんな経験を経たryuchellさんが今思うのは、「遠回りしたからブレない芯が見つかった。むしろ夢に近道して向かうことは自分の可能性を狭めるのかも」ということ。

それって一体どういうこと……? 詳しく話を聞いてみた。

テレビ出演も、真面目な話をするのも、最初は渋々だった

10代で上京した頃の僕の夢は、自分の古着屋さんを開くこと。バラエティー番組に出るようになったのは、「番組に出てみない?」と声を掛けられたことがきっかけでした。

最初は「え?」って感じで渋々だったけど、テレビ出演は基本的にぺこりんと一緒だったから、毎日がデート感覚。

ryuchellに学ぶ、好きな仕事を長く続ける秘訣「遠回りを恐れない。割り切ることも大事だよね」
(画像=『Woman type』より引用)

「いつか子どもが生まれたら僕たちの姿を見せよう!」みたいな感じで、ただ楽しかったですね。自分で言うのもなんだけど、僕、バラエティーに向いているなって思ったし。

ただ、当時は本当に何も考えていなくて。バラエティー番組をほとんど見ずに育ったから、出演者の皆さんのこともよく知らないし、知らず知らずのうちに失礼なこともしちゃってた。

無知だからこその怖いものなし状態で、仕事を舐めてたなぁと思います。

そうやってテレビに出ているうちにryuchellを認識してくれる人が増えていって、僕のバックグラウンドに関する取材の依頼も増えてきました。

「あのハッピーさは生まれた時からなのか? どうやって身についたのか?」っていうことをよく聞かれて。

当時の僕は「今後も僕はバラエティーの道でやっていくのかな」と思い込んでいたので、真面目な話をするのはryuchellのイメージが崩れる気がして、最初は恥ずかしくて嫌だったんです。

だから、自分のバッググラウンドについて話をするようになった最初の理由は、「依頼が増えて、断りづらくなってきたから仕方なく」でした。

そこから徐々に今みたいにジェンダーのこととか多様性について話をする機会が増えて、子育てをするようになったことで話せる範囲も広がっていった感じ。

自分で考えて今のような方向性にシフトチェンジしたわけじゃないんです。

アルバムリリースのファンミーティングが転機に。あの日があるから、僕は頑張れる

ryuchellに学ぶ、好きな仕事を長く続ける秘訣「遠回りを恐れない。割り切ることも大事だよね」
(画像=『Woman type』より引用)

僕は正直、長く働き続けていこうと思ったことがなくて。だから10代の時から、なんだかんだでファッションや芸能の仕事を10年くらい続けていることに、自分でもびっくりしています。

なぜ続いているのかというと、何が起きてもぶれない芯があることが大きいと思います。その芯は、「家族を幸せにする」ことと、「みんなが気持ちよく生きていけるきっかけづくりをしたい」ってこと。

セクシャリティーや年齢、出身、宗教。いろんなジャンルで、「〇〇だから」っていう圧を感じながら生きている人はたくさんいますよね。

自分の力で世の中を変えられるとは思ってないけれど、そういう人たちが「今のままでいいんだ」って思えるきっかけづくりはできる。僕はそう信じていて。

それが僕の一番やりたいことだってはっきり気付いたのは、アルバム『SUPER CANDY BOY』(2019年)のリリースイベントでした。

ryuchellに学ぶ、好きな仕事を長く続ける秘訣「遠回りを恐れない。割り切ることも大事だよね」
(画像=『SUPER CANDY BOY』(2019年)、『Woman type』より引用)

少数派の方たちから応援いただくことは、テレビに出る前、原宿で読者モデルとして活動していた時からあって。

そういう声をいただく度に「表に出た意味があったな」って心から思えていたんですけど……久々にファンの方と実際にイベント会場でお会いして、涙ながらにいろんなメッセージを、いろんな方からいただいた。

その時に、自分の芯が固まりましたね。「この人たちのために、一生仕事をしよう」って。

ryuchellに学ぶ、好きな仕事を長く続ける秘訣「遠回りを恐れない。割り切ることも大事だよね」
(画像=『Woman type』より引用)

今僕が人前に出て仕事をしている一番の理由は、少数派として生きている方に「この人みたいに生きてもいいんだ」と思ってもらえるロールモデルになりたいから。

「男の子なのに、パパなのに、メイクしていいんだ」「タトゥー入れていても広告に出られるんだ」「もっと自分らしく生きていいのかも」って思えるきっかけになれたらいいなって思っています。

実は僕、自分の芯を見つけて、なんだかほっとしたんですよ。「ようやく頑張る理由を見つけた」って。それまでは、もう毎日に飽きていたんです。

でも、あの日のファンの皆さんとのシーンさえ心にあれば、僕はいつまでも頑張れる。苦手な早起きも、嫌いな冬のロケも、何だってできるような気持ちになれました。