「足が短いから」と着たい服を着られなかったり、自信をなくしてしまったりしていませんか。
日本人は小柄の人が多く、足が短いことに悩む人は多いです。
あなたが「周りと比べて足が短い」と悩んでいるのと同時に、周りの人も足が短いことに悩んでいるかもしれません。

ここでは多くの女性の悩みである足の長さについて、悩みの解消法を紹介します。
大人になったし今さらどうしようもないと諦めないで、足を長くする4つの方法を試してみましょう。

足が短いの定義とは?

足を長くする方法
(画像=JOERAより引用)

足の長さで悩んでいる人は、自分の足が本当に短いのか調べてみましょう。
日本人の平均的な足の長さは、身長に対する比率が約45%と言われています。

比率の求め方は、「股下÷身長×100」。
この数値が45%以下であれば、平均より足が短めということです。

ちなみに日本のモデルさんの平均比率は45~49%と言われています。
パリコレモデルの冨永愛さんは、なんと51%なんだそう!
羨ましくなっちゃいますね。

足を長くする方法①むくみ改善ストレッチ

足を長くする方法
(画像=JOERAより引用)

足を短く、太く見せてしまう原因の一つがむくみです。
むくみとは、皮膚の下に余分な水分が溜まった状態のこと。
長時間立ったままでいる、あるいは座ったままでいることで足の血液の循環が悪くなり、むくんでしまいます。

また、塩分の多い食事もむくみの原因の一つです。
日本は、世界各国と比べ塩分摂取量の多い国だと言われています。
味噌や醤油といった調味料や、ごはんのお供として好まれる漬物など、日本の料理にはたくさんの塩が使われています。
日頃むくみが気になる人は、食生活を見直して塩分控えめの食事を心がけましょう。

むくみをなくすために、むくみ改善ストレッチを2つ紹介します。

むくみ改善ストレッチ①

  1. ストレッチマットの上に足を伸ばして座る
  2. 片足を起こし、もう片方の足において負荷をかける
  3. 上半身を前屈して10秒キープ
  4. 足をかえて10秒キープ
  5. 各2セット行う
  6. 両足首を右回り、左回りに5回ずつ回す

むくみ改善ストレッチ②

  1. ストレッチマットの上に足を限界まで開いて座る
  2. 開いた左足に向かって上半身を倒す
  3. 両手で左足を掴む
  4. 10秒キープ体をまっすぐに戻す
  5. 足をかえて10秒キープ
  6. 左右各2回ずつ行う

足を長くする方法②ヒップアップ筋トレ

足を長くする方法
(画像=JOERAより引用)

お尻の筋肉が弱くなりお尻が垂れ下がっていることも、足が短く見える原因の一つ。
ヒップアップによってお尻の位置を高くして、足を長く見せましょう。

ヒップリフト

  1. 仰向けに寝て両膝を立てる
  2. 息を吐きながら、ゆっくりお尻を持ち上げる
  3. 膝からお尻、鎖骨までが一直線になったら息を吸いながらゆっくり元の姿勢に戻る
  4. 一連の流れを10回×2セット行う

スクワット

  1. 足を肩幅に開く
  2. つま先を真っすぐ、または少し開いた状態にする
  3. 背筋を伸ばして体を下におろす
  4. 膝が90度になるまで下げる
  5. 体を上にもっていく
  6. 20回×3セット行う