19世紀以降の移民をきっかけにして、日本との関わりが深いハワイ。
ビジネス環境が整っていることもあり、日本からハワイへ進出するレストランもたくさんあります。

今回はそのようなレストランのなかから、特に人気のお店を4店厳選してご紹介します。

洋食銀座梅林/Yoshoku Ginza Bairin

日本から進出したハワイの人気レストラン4選
(画像=『LaniLani』より引用)

2020年1月、「高橋果実店」などがあるビーチウォーク沿いに「洋食銀座梅林」がオープンしました。

銀座梅林といえば、1927年に銀座に初めてできたとんかつ専門店。
そして、こちらのハワイ店が記念すべき世界初進出店舗になります。

通りに面したガラスの壁の内側には、ハワイでは珍しい食品サンプルが並べられており、行き交う人々の注目を集めています。
また、店内の壁には、銀座4丁目の交差点や都電などノスタルジックな昭和の写真が飾られています。

こちらで提供されているメニューは、オムライスやハンバーグ、ビーフシチューにミートソーススパゲッティなど、日本で独自の進化を遂げた洋食の数々。
日本人にはなじみ深い一方、海外では「Yoshoku(洋食)」という新しいジャンルのグルメとして、今後どのように受け入れられていくのか楽しみですね。

場所は「ザ・ブレーカーズ」の向かい側、「アランチーノ・オン・ビーチウォーク」と同じビルの中で、姉妹店「とんかつ梅林」のお隣です。

お店のメニューには、銀座が発祥といわれているクリームソーダも並んでいます。
昔懐かしい洋食をハワイで楽しんでみてはいかがでしょう。

洋食銀座梅林/Yoshoku Ginza Bairin

住所:
255 Beach Walk, Honolulu
電話番号:
808- 926-8082
営業時間:
11:00~20:30
定休日:
無休