シュノーケリングは、ハワイで人気のアクティビティのひとつです。

カラフルな魚たちが、波打ち際まで泳いでいることもあるので、慣れていなくてもすぐに魚に出会えます。そんな魚たちの名前を知っておくと、発見した時の嬉しさが増しますね!

今回は、ハワイで出会える魚と、シュノーケリングをより楽しむために、知っておくと良い情報をご紹介します。

ハワイではかわいい魚たちと泳げる!

参照:@mot0_0

空を見上げればかわいらしい鳥、山や街中には良い香りを漂わせる植物、そして海にはカラフルな魚と、ハワイでは南国らしいトロピカルな生物にたくさん出会えます。

なかでも海の生き物は、人が近くにいても怖がらず、すぐそばまで来て泳いでいます。海の中で魚たちに囲まれながら一緒に泳ぐのはとっても気持ちがいいですよ。

魚の名前を知っていると、どこにどんな種類の魚がいるのか、一緒にシュノーケリングを楽しむ友達や家族に教えてあげたり、思い出として記憶にも残りやすいですよね。

それでは、ハワイにはどんな魚がいるのか、一緒に見ていきましょう。

ハワイで出会える魚たち

参照:@hanaumabaysnorkel

ハワイの海では、浅瀬では群れになって泳ぐ小さな魚、少し沖に出ると1メートルほどの大きな魚までたくさんの魚に出会えます。今回は、初心者でもよく出会える魚をご紹介します。

キイロハギ

参照:@hanaumabaysnorkel

あざやかな黄色のかわいらしい魚です。

海中で砂が舞って視界が少し悪くても、黄色いのですぐに見つけられます。

シマハギ

参照:@hanaumabaysnorkel

縦に縞模様のある魚です。
群れをなして浅瀬で泳いでいるので、波打ち際にいても出会えます。

レモンバタフライ

参照:@akane.qi

正式名称は、「ミレッドシードバタフライフィッシュ」です。
身体は黄色く、しっぽは黒色で、身体には黒色点がきれいに並んでいます。人によく慣れているので、間近で見ることができるかも知れません。

フムフムヌクヌクアプアア

参照:@hanaumabaysnorkel

日本名はタスキモンガラといいます。
フムフムヌクヌクアプアアはハワイ語で「ブーブーと鳴く角ばった魚」という意味で、ハワイ語の中でも最も長い名前のひとつです。
敵が近づくとブーブーと音を出しますが、ハナウマ湾などにいるフムフムは、人を警戒することがあまりなくフレンドリーですよ!

ハワイアンフラッグテイル

参照:@dascuballc

浅瀬に群れている小さな魚です。
シュノーケリング中、水面がキラキラと光っていると思ったら、ハワイアンフラッグテイルの群れだった、なんていうこともあります!