本業でも副業でも、働く母のかっこいい背中を見せたい

コロナショックで仕事が激減「職場に戻りたいのに戻れなかった」 国際線CAを支えたWebデザイナーの副業
(画像=『Woman type』より引用)

Webデザインの副業を始めて良かったことは、もう一つあります。それは、働く母の姿を子どもたちに間近で見せられるようになったこと。

CAの仕事はどうしても子どもたちの目に入らないので、ただ「お母さんが家にいない」っていう感じになってしまいがち。でも、Webデザインの仕事は自宅でできますから、仕事中の姿を見せられるんですよ。

この間テレビを見ていたら、あるママタレントさんが「仕事って楽しいんだよってことをわが子に見せたい」と言って難しい企画にチャレンジしていて、側にいてあげるだけが母親の役割じゃないよなと心を打たれました。

かつては、「お母さんが家にいないのは可哀想だからCAを辞めようか」って考えていたんですけど、そんなこと、そもそも家族の誰からも頼まれていなかったんですよ。ただ自分が「お母さんは家にいるべき」って思い込んでいただけで。

でも、一緒に過ごせる時間にちゃんと愛情を注いでさえいれば、仕事に一生懸命な母親だって素敵じゃないか、と。

好きな仕事をして人生も楽しむ。そういう母親の姿を子どもたちに見せていくことで、大人になることを楽しみにしてもらえるんじゃないかなと思っています。

もしも今のキャリアに悩んでいる人がいるなら、まずは私のようにまずは副業で、好きなことにチャレンジしてみるのはおすすめですね。

本業と全然関係ない仕事でもいい。自分が「楽しい」「好き」と思えることや「向いていること」に挑戦するのが、本業と両立していくポイントかなと思います。

そしていつか、副業ではなく、本業と変わらないほど打ち込める複業に変わるかもしれないし、新たなキャリアチェンジにつながるかもしれない。

その結果、私のように本業への愛が深まることもあるし、今まで気づけなかった自分の成長を知るきっかけになるかもしれない。きっと意味のある経験になるのではないでしょうか。

コロナショックで仕事が激減「職場に戻りたいのに戻れなかった」 国際線CAを支えたWebデザイナーの副業
(画像=『Woman type』より引用)


提供・働く女のワーク&ライフマガジン『Woman type』(長く仕事を続けたい女性に役立つ、キャリア・働き方・生き方の知恵を発信中)

【こちらの記事も読まれています】
年収400万円以上稼ぐ女がしている3つのこと
性格別!年収アップ方法とは?
自分ブランドを作るために大切なこと
クセのある上司への「的確な」対処法とは
給付金がもらえる人気の資格6選