「ついに、この仕事を辞める時が来たのかもしれない」

2020年3月、北欧系航空会社で国際線のキャビンアテンダント(以下、CA)として働く三橋由美さんは、不安の最中にいた。

コロナ禍で大きな打撃を受けた航空業界。世界中でフライト数が激減し、当時、第二子出産による育休中だった三橋さんは復職時期の延期を迫られた。

21年10月、ようやく現場への復帰がかなったが、当初の復帰予定より一年半も遅れていた。

いつ職場に戻れるのか……そんな不安を抱えながら過ごした二度目の育休期間。彼女を支えたのは、副業として取り組んだWebデザイナーの仕事だったという。

Webデザインは本業とは全く共通点のない仕事のように思えるが、「CAとしての経験が役立っている」と三橋さん。

さらに、「Webデザイナーの副業を始めたことで、CAの仕事がもっと好きになった」と続ける。

一般的には、本業のスキルを生かした副業で副収入を得る人が多い。では、「本業とかけ離れた仕事」を副業にすることで得られるものとは一体何なのだろうか。

三橋さんが実感している自分自身の変化と、キャリアへの影響を聞いた。

コロナショックで仕事が激減「職場に戻りたいのに戻れなかった」 国際線CAを支えたWebデザイナーの副業
(画像=【プロフィール】
北欧系航空会社客室乗務員
Web デザイナー デジタルハリウッド STUDIO千葉トレーナー
三橋 由美(みつはしゆみ)さん
岩手県一関市出身。大学卒業後、オーストリアの航空会社に国際線のCAとして勤務。北欧系航空会社に転職し、引き続きCAとして活躍。二度目の育休の際に『デジタルハリウッドSTUDIO』のWebデザイナー専攻 主婦・ママクラスに通いWebデザイナーのスキルを習得、現在はCAとWebデザイナーのパラレルワークを実現している、『Woman type』より引用)

家族に勧められるまま、未知のWebデザインの世界へ

大学を卒業してすぐ、オーストリアの航空会社に就職。もう10年以上外資系航空会社の国際線CAとして働いています。

今の勤め先は北欧系航空会社。フィンランドでは、ダブルワークをしていて当たり前というカルチャーがあり、会社員の副業も一般的です。

もちろん、CAも例外ではありません。私の周りにも、自分のお店を経営している人や、看護師資格を生かして副業をしている人など、さまざまなCAがいます。

コロナショックで仕事が激減「職場に戻りたいのに戻れなかった」 国際線CAを支えたWebデザイナーの副業
(画像=『Woman type』より引用)

国際線のCAは、意外と余暇の時間があるんですよ。夜勤はあるし、土日祝日も関係ない仕事ですが、フライトは多くても週に1往復のみ。月に3~4往復しかできません。放射線量などの兼ね合いで、機内で働いてもよい頻度が法律で決まっているからです。

それに、外資の航空会社だとCAが地上で業務を行うこともありません。ですから、空いた時間で副業をするCAが多いんです。

私がWebデザイナーの仕事を副業にするようになったきっかけは、二度目の育休に入った時にオンラインでも学べる『デジタルハリウッドSTUDIO』の主婦・ママクラスを受講したこと。

育休中に何か新しいことを学ぼうとしていた私に、夫が「Webデザイナーなんて向いているんじゃない?」と勧めてくれて、説明会に行ってみたんです。

当時はWebやITのことなんて何も知らないし、本当は興味も全くなかった(笑)。でも、いざやってみたら楽しくなってしまって。

私、昔から編み物が好きなんですけど、Webデザインには似たところがあるなと思うんです。一つ一つ毛糸を編み込んでいくように、Webも仕上がりに向けて黙々と作り上げていくもの。

その工程が好きだし、時間を忘れてしまうくらい夢中になってしまうんですよね。