コロナ禍のマスク生活において、目もとへの注目度がさらに高まる今、明るく若々しい印象をつくるにはハリのある美しい目もとをつくることがポイントです。実は10月10日は「目の愛護デー」。今回は、目もとに現れやすいトラブルとその原因、目もとケアについてご紹介します。

“眼精疲労”が、目もとのお悩みの原因に!?

10月10日は「目の愛護デー」!マスク生活で印象を左右する「目もと」のケア方法とは?
(画像=『Lovely』より引用)

10月10日は「目の愛護デー」なのをご存知でしょうか?10を横向きに並べて書くと人の眉と目に見えることに由来し、1947年に中央盲人福祉協会が定めたことが始まりです。

目もとは、顔の印象の約8割が決まるとも言われている重要なパーツです。しかし、目もとは顔の中でも最も皮膚が薄くデリケートであるため、日常生活による摩擦や乾燥による小じわなど様々なお悩みが現れやすいのです。

特に現代においては、パソコンやスマートフォンなどの普及により、画面を長時間見る機会が多いことで、無意識のうちに目を酷使しており、ほとんどの人が眼精疲労を抱えていると言われています。

コロナ禍で意識するようになったパーツ1位は「目もと」

10月10日は「目の愛護デー」!マスク生活で印象を左右する「目もと」のケア方法とは?
(画像=『Lovely』より引用)

アクシージアの調査によると、新しいライフスタイルにおいて、スキンケア・メイク時に意識するようになったパーツ、人から見られていると感じるパーツ第1位はともに「目もと」という結果でした。

マスクを着用していても唯一見えている部分であるため、目もとは顔全体の印象を左右します。コロナ禍のマスク生活では、これまで以上に目もとケアが求められています。

参考:アクシージア「目元ケアについての調査」