本日のランキングは「社会現象になったお菓子やスイーツ人気ランキング」です。

タピオカが再ブームを果たしている今日この頃。同じように、これまでも社会現象を巻き起こしたスイーツがたくさんありました。

そんなスイーツたちのなかで、あなたが一番好きと思うのはどれですか?アンケートを取ってランキングにしてみました!

流行は繰り返す!

社会現象になったお菓子やスイーツ、みんなが選んだ人気ランキング
(画像=『RankinClip』より引用)

今流行りのタピオカですが、実はブームとなるのは3回目なんです!

第1次タピオカブームは1992年。タピオカが入ったココナッツミルクが流行しました。はじめタピオカは白く、小さなつぶつぶで、食感も現在のものとは異なっていました。

第2次タピオカブームは2008年。もっちりとした食感が特徴の、黒タピオカが広まりました。

そして現在、第3次ブームがやってきています。今流行っているのは「黒糖タピオカ」。黒糖の甘みをぎゅうっとしみ込ませたタピオカが大人気。色もピンクやグリーンなど、様々なものがあるようです。

「社会現象になったお菓子やスイーツで、一番好きなのは?」ランキングBEST3!

それでは、「社会現象になったお菓子やスイーツで、一番好きなのは?」ランキングのBEST3をチェックしていきましょう!

第1位:ナタデココ【社会現象になったスイーツ】

社会現象になったお菓子やスイーツ、みんなが選んだ人気ランキング
(画像=『RankinClip』より引用)

「社会現象になったお菓子やスイーツで、一番好きなのは?」ランキング、第1位は「ナタデココ」です。

1992年、「デニーズ」が夏メニューとしてナタデココを発売したのがブームの始まりと言われています。タピオカとは少し違い、家庭用の瓶詰・缶詰が爆発的に売れました。

しかしこの後、悲しい結末が待っていました。多くのメーカーがナタデココ製造工場を建てましたが、ブームは1994年には鎮静化。次々と工場はつぶれ、街には失業者があふれたと言います。タピオカもこの二の舞にならないことを祈るばかりです。

第2位:タピオカ【社会現象になったスイーツ】

社会現象になったお菓子やスイーツ、みんなが選んだ人気ランキング
(画像=『RankinClip』より引用)

「社会現象になったお菓子やスイーツで、一番好きなのは?」ランキング第2位は、お待ちかね、「タピオカ」でした!

若い女子に大人気のタピオカですが、ちょっと高カロリーなイメージがありますよね。しかし、意外にもタピオカ自体のカロリーは、100gあたり62kcal(茹でた状態)とそんなに高いわけではないんです。

ただし、タピオカはやわらかさを保つため、茹でた後砂糖水に浸します。それにミルクティーが加わるので合計すると400kcal弱になってしまいます。これはラーメン一杯のカロリーとほぼ同じなので、やはり飲みすぎは禁物です。

第3位:マカロン【社会現象になったスイーツ】

社会現象になったお菓子やスイーツ、みんなが選んだ人気ランキング
(画像=『RankinClip』より引用)

「社会現象になったお菓子やスイーツで、一番好きなのは?」ランキング第3位は、「マカロン」でした!

マカロンは卵白と砂糖、アーモンドを使った焼き菓子で、クリームやジャムなどを挟むのが一般的です。ころっとしたフォルムと豊富なバリエーションが人気。

日本では、2005年に「ピエール・エルメ・パリ」のブティックが青山通りにオープンしたことで一気にブレイクしました。