ロッテ初のチルドデザート「生 チョコパイ」誕生!ふんわりクリームがたっぷり。
(画像=『Lovely』より引用)

ロッテのロングセラー菓子「チョコパイ」が"生"になりました。

ロッテ初のチルドデザート「生 チョコパイ」が、2021年11月1日から首都圏を中心とした1都9県のスーパーマーケット先行で販売されます。

ボリュームも水分量もクリーム量もアップ

ロッテ初のチルドデザート「生 チョコパイ」誕生!ふんわりクリームがたっぷり。
(画像=『Lovely』より引用)

新開発の「生 チョコパイ」は、通常のチョコパイと比べ、ボリューム190%、水分量240%、クリーム量350%とグレードアップしています。チルドデザートならではのケーキのしっとり感や、軽くてふわふわのクリームが楽しめます。

ロッテ初のチルドデザート「生 チョコパイ」誕生!ふんわりクリームがたっぷり。
(画像=『Lovely』より引用)

記者は発売前に試食してみました。上から見ると普通のチョコパイに見えますが、横から見るとその分厚さにびっくり。

大きさを測ってみると、直径約6.5cm、高さ約3.5cmでした。スポンジとクリームは同じくらいの厚みです。

ロッテ初のチルドデザート「生 チョコパイ」誕生!ふんわりクリームがたっぷり。
(画像=『Lovely』より引用)

コーティングチョコはパリッとしていますが、中のスポンジはふわふわしっとりとしています。印象的だったのはクリームで、コクがありなめらかなくちどけです。最後に濃厚なチョコの味わいが口の中に残ります。

ワンハンドで食べられる手軽さもありながら、ザッハトルテのような贅沢感のあるスイーツではないでしょうか。

ロッテの商品担当者によると、開発に苦労した点は、「分厚いクリームのサンド」だといいます。通常、クリームをたくさん入れると、ケーキで挟むと重みで潰れたり、チョコレートをフルコートする過程の熱でクリームが溶けてしまいます。ロッテは菓子メーカーならではの知見と技術で、分厚いクリームのまま、ケーキでサンドしチョコレートを全面コーティングすることができたそうです。