瞑想の効果をご存知ですか?

心のモヤモヤを取り除いてくれたりリラックスしたりと心の健康を保つ効果があり、瞑想プログラムを取り入れている会社もあるほどなんです。

しかし「瞑想をやってみたいけれど、やり方がわからない!」という方も多いですよね。

今回は初心者の方でも取り組みやすく、寝ながら簡単にできる瞑想のやり方をご紹介します。この秋から新しい習慣として取り入れてみませんか?

瞑想に挑戦してみよう

ボディスキャン瞑想
(画像=JOERAより引用)

瞑想のやり方はとてもシンプル。自分の呼吸に集中するだけです。あまりにシンプルすぎて慣れるまでが難しいほどなんです。呼吸に集中しているつもりがいつの間にか他のことを考えてしまって、集中を続けることが難しいのです。

初めての方におすすめなのが、ボディスキャン瞑想というやり方です。自分の体の声を聞くことが目的の瞑想方法で、マサチューセッツ大学の瞑想プログラムにも組み込まれているんですよ。

やり方は簡単。寝ながらできる方法で、道具も必要なく気楽に取り組めます。頭のてっぺんからつま先まで、意識を集中する場所を順番にずらしていくので、気が散りにくいので初心者の方でも取り組みやすいことも魅力です。

ボディスキャン瞑想のやり方

ボディスキャン瞑想
(画像=JOERAより引用)

瞑想を行う姿勢は、ベッドの上であおむけに寝転んで行うのがおすすめです。

リラックスして瞑想できますし、MRI検査みたいな感覚でボディスキャンのイメージを頭に思い浮かべやすいです。もし座りながらや立ちながらの方が楽であれば、お好きな姿勢でも大丈夫。

姿勢をつくったら、瞑想をはじめていきましょう。

ゆっくり鼻から吸って口から吐く深呼吸を行いながら、頭のてっぺんから順番に、ゆっくりスキャナーに通されているイメージで体へ意識を向けていきます。時間は5分でも10分でも、取れるだけの短い時間でOKです。

体に意識を向けながら、コンディションを確認していきます。

「あ、今日はよく寝たから頭がスッキリしているな」
「肩が重いな。昨日パソコン仕事が多かったからかな?」

というように、体の状態を細かく観察していきましょう。