近年では第3次バナナブームが到来しているようです。美容にも健康にも嬉しい効果が期待できるバナナですが、特にSNS映えするバナナジュースは人気急上昇。バナナのブランド「ドール」提供の「もったいないバナナ」を使ったジューススタンドもご紹介します!

17年連続「よく食べる果物第1位」はバナナ!SNS映えでさらに人気急上昇!

第3次バナナブーム到来中!美容にも健康にも嬉しいバナナパワーとは
(画像=『Lovely』より引用)

日常生活で馴染み深い存在のバナナ。総務省が発表している「家計調査」によると、17年連続「よく食べる果物第1位」という結果が出ているようです。 (参考:日本バナナ輸入組合「第17回バナナ・果物消費動向調査」)。

今までも、「バナナな日本初上陸」や「朝バナナダイエット」をきっかけに巻き起こったバナナブームですが、2018年以降、第3次バナナブームが到来しています!

健康志向の高まりの影響も大きく、マラソンの給水所にバナナが置かれるなどスポーツの合間にはバナナという認知が高まったり、2018年のタピオカブーム以降、ここ数年でバナナ専門店が増え、バナナブームがさらに加速しています。

美容・健康、美味しさというところはさることながら、かわいらしい黄色の見た目がInstagramなどでの映えを狙う文化に刺さったと思われます。

今回は再びブームが来ているバナナに注目し、改めてバナナの魅力を解説します。

美容にも健康にも嬉しいバナナパワーとは?

第3次バナナブーム到来中!美容にも健康にも嬉しいバナナパワーとは
(画像=『Lovely』より引用)

国内で何度もブームを起こしているバナナには、私達のカラダにとって嬉しい栄養素がたくさんつまっています。ここで代表的な「バナナのすごいところ」を紹介します。

①ダイエット効果!脂肪燃焼や便通改善も?!

一躍大ブームとなった「朝バナナダイエット」などでダイエット効果のイメージが強い方も多いのはないでしょうか。実は、夜バナナダイエット、ホットバナナダイエットなど、バナナを使った多くのダイエット法があります。

バナナにはビタミンB1、B2、ナイアシン(B3)、B6、葉酸など脂肪の燃焼を促進するさまざまな種類のビタミンB類が含まれています。

また、バナナに含まれる必須アミノ酸のメチオニンやリジンはビタミンB6やC、ナイアシン(B3)、鉄と共に働き、カルニチンという脂肪燃焼を促進する成分を合成します。

さらに、バナナにはビタミンEも含まれています。ビタミンEは細胞のエネルギー代謝を促進する還元型コエンザイムQ10が体内で合成するのを助けます。

②美容効果!美肌効果に若返り効果も!

バナナには美肌効果・若返り効果もあります。30~49歳の女性21名に1日2本、朝・夜1本ずつのバナナを4週間食べ続ける試験を行った実験では、バナナ摂取4週間後に肌の水分、油分、頬の弾力を調べたところ、多くの方が、摂取前と比べ各数値が上昇しました。

歳をとると腸の弾力性が落ちて便秘がちとなって、腸内のビフィズス菌の数も減っていきます。

バナナは善玉菌を増やす食物繊維とフラクトオリゴ糖を両方含み、整腸作用のある難消化性でんぷんも含まれています。胃への負担も少ないのでお薦めです。

また、バナナには、抗酸化作用が期待されるポリフェノールや美容ビタミンと呼ばれるビタミンB群が含まれていますので、美容にも最適なフルーツといえます。

③睡眠の質を高める3栄養素がすべて豊富!

「眠り」には「メラトニン」という別名「睡眠ホルモン」の分泌が大きく関わっています。

このメラトニンの分泌を促すのが、「セロトニン」という物質であり、さらにはセロトニンを生み出すのが「トリプトファン」という必須アミノ酸です。

つまりこの「トリプトファン」の摂取が「睡眠」にとって重要となります。そして、「トリプトファン」は体内で合成することができず、食べ物から摂取する必要があるという点がポイントです。

しかし、実は、より良く眠るためには「トリプトファンを多く含む食材を摂取すれば良い!」というわけではありません。

トリプトファンの他に「炭水化物」、「ビタミンB6」を組み合わせることがポイントです。良質な睡眠にはトリプトファンを摂取するタイミングも重要です。

朝トリプトファンを摂取することで昼間の意欲的な活動が後押しされ、メラトニン分泌という側面だけでなく、日中を活動的に過ごせて上手に疲れることができるという点からも快適な眠りが後押しされます。

バナナは、このトリプトファン、炭水化物、ビタミンB6をすべて含んでおり、睡眠の質改善に効果が期待できる食品と言えます。

④免疫力UP!コロナ禍で欠かせない栄養素が豊富!?

昨年度以降、猛威を増している新型コロナウイルスの影響で、免疫力への意識が高まっています。免疫力を高めるには食べ物が重要であり、免疫力を高められる栄養素に注目が集まっています。

免疫力を高める上でポイントとなる栄養素は、たんぱく質、ビタミンD、食物繊維。また、たんぱく質の代謝を助けるビタミンB6も最も重要な栄養素のうちのひとつです。

バナナは、たんぱく質の代謝を助けるビタミンB6、腸管免疫を支える食物繊維を多く含んでいるほか、トリプトファン、カリウム、ポリフェノールなど免疫力を高める成分が豊富に含まれており、免疫力向上効果が期待できる食品です。

⑤運動の質向上!即効性と持続性の優等生!

バナナには、消化されやすい単糖類のブドウ糖や果糖から、徐々に消化される少糖類のショ糖やオリゴ糖、さらに消化されにくい多糖類の食物繊維やデンプン、難消化性デンプンといった多様な糖質(炭水化物)が含まれています。

これらの糖質は、その種類によってエネルギーに変わる速さが異なるため、バナナは、即効性と持続性に優れた食品といえます。

つまり運動開始前にバナナを摂ることで単糖類から速やかにエネルギーを補充でき、運動中も少糖類や多糖類からエネルギーが供給されます。

さらに、バナナと一緒にレモンやオレンジなどを摂ると、それらに含まれるクエン酸の効果によって体内のグリコーゲンの蓄積を促しスタミナアップが期待できます。