昨今お家時間が増えたことにより、ゆったりと湯舟につかる方が増加しています。しかし、お風呂そうじはやはり負担という方も多いのではないでしょうか。今回は簡単に毎日続けられる「お風呂そうじの持続可能性」について住生活ジャーナリストの藤原千秋さんにお聞きしました。

現実的に、持続的に「気持ち良く、お風呂に入るために」

浴槽はこすらなくていいの?住生活ジャーナリストに聞く 「お風呂そうじの極意」
(画像=『Lovely』より引用)

お風呂そうじと一言でいってもその中身、手間など、奥深いもの。まず、お風呂場にはいくつもの清掃箇所があります。

メインは浴槽ですが、その他に、洗い場、壁、ドア、天井、排水口、換気扇。その他、風呂ふた、風呂いす、洗面器、シャンプー棚などなど。そして各々の汚れ方や汚れの要因も、皮脂、カビなど、さまざまなものがあります。

とはいえ毎日お風呂に入るからといって、毎日すみずみまで全てそうじできるかというと、それはなかなか難しいことです。今回は、「お風呂そうじの持続可能性」について住生活ジャーナリストの藤原千秋さんにお聞きしました。

教えてくれたのは…

著者名

住生活ジャーナリスト 藤原千秋さん

住生活ジャーナリスト、ライ ター。主に住まい、暮らし まわりについて執筆、監修、企画、講演、ラジオ出演、など。

気持ち良く、お風呂に入るための「そうじ基準」

浴槽はこすらなくていいの?住生活ジャーナリストに聞く 「お風呂そうじの極意」
(画像=『Lovely』より引用)

各々「ここだけは」クリアしたいという「そうじ基準」を持ち、そうじにあたっているのではないでしょうか。

なかでも、誰しも共通していつもきれいであって欲しいのは、やはり浴槽でしょう。新しいお湯をためる浴槽が、ヌルヌル、ザラザラしていたら、興ざめだからです。

この浴槽を汚す主な原因ですが、まず挙げられるのは、入浴中に私たちの身体から出る分泌物に由来するものです。これらは「脂肪酸に覆われたタンパク質汚れ」として浴槽に付着します。入浴中にはあまり目に見えない汚れです。

しかし浴槽のお湯を、洗濯などのため翌日まで溜めておいたりするうち、水面の縁や浴槽の底などに凝(こご)ります。

その後お湯を抜き、そのまま放置乾燥することで、これが「喫水線」汚れとなったり、底に溜まったままザラザラ、ガビガビの目に見える不快な汚れに変わります。

夜、お湯を張るため浴槽を洗おうすると、この汚れが固まってしまってなかなか落ちない…。割と「あるある」な日常風景なのではないでしょうか?